細田 昌志
ノンフィクション作家

71年生まれ、鳥取県出身。CS放送「サムライTV」でキャスターをつとめたのち放送作家に転身。ラジオ、テレビなどを担当する一方、雑誌やウェブに寄稿。2020年より著述専業に。主な著書は『坂本龍馬はいなかった』(彩図社)、「ミュージシャンはなぜ糟糠の妻を捨てるのか」(イースト新書)。2020年秋、長篇ノンフィクション『沢村忠に真空を飛ばせた男/昭和のプロモーター・野口修評伝』(新潮社)を上梓。

※このプロフィールは、東洋経済オンラインに最後に執筆した時点のものです。
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT