すぐ「できない」と言う子を変える声かけのコツ

五輪選手を生むメンタルコーチの指導法とは

「できない」と思い込んでいる子どもにやる気を引き出すための3つの心がけとは?(写真:じきる/PIXTA) 
「そんなこと無理に決まってる」「できるわけないじゃん」――。そんな言葉が口癖になってしまっている子どもがいます。また、注意されるとすぐに興味を失ってしまったり、失敗が怖くて挑戦できないといった子どもも少なくありません。
そんな子どもの「思い込みのフタ」をパカッと外すポジティブな言葉や問いかけを教えてくれるのが、五輪出場選手もかけこむ話題のメンタルコーチで『脳科学×心理学 うちの子のやる気スイッチを押す方法、教えてください!』の著者でもある鈴木颯人氏です。
鈴木氏の脳科学×心理学のコーチングメソッドをもとに、子どものやる気を引き出す言葉のかけ方を解説します。

思い込みを外すために、刺激を与える

自分で目標を立てたのにもかかわらず、「やっぱり無理」と途中で投げ出してしまうなど、ちょっと難しいと思うとすぐに諦めてしまうという子がいます。

そんな諦め癖がついたのは、それまでに何度も失敗を繰り返したからです。その結果、「自分は何をやってもダメなんだ」と思い込んで、やる気が失せてしまったのです。これを「学習性無力感」といいます。

魚のカマスを使った、こんな面白い実験があります。

水槽にカマスの群れを入れ、エサになる小魚を投入します。もちろんカマスは喜んで食べます。その後、水槽の中ほどに透明の板を入れて仕切ります。一方に空腹のカマスを集め、もう一方には小魚を入れます。

カマスたちは小魚に向かって突進しますが、板にぶつかって食べられません。何度も板に激突するうちに、「どうしても食べられないんだ」とカマスたちは悟り、ついには諦めます。すっかり嫌になってしまったというわけです。

そこで、板を外してやります。もう自由にエサを食べられるのですが、カマスは食いつきにはいきません。「頑張っても無駄」と思い込んでいるからです。

このように、失敗を繰り返すと無気力になり、挑戦する意欲がなくなります。

では、どうすればこのカマスの思い込みを払拭できるでしょうか。答えは簡単。何も知らない元気のいいカマスを1匹入れるだけ。そのカマスは、仕切り板があったなんて知りませんから、平気で小魚を食べにいきます。もとからいたカマスたちはそれを見て「なんだ、食べられるじゃないか」と、再び猛然と食べるようになったのです。

次ページ身近な成功モデルを示す
キャリア・教育の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT