マクドナルドの世界総売上をざっくり計る方法

フェルミ推定の練習問題で「地頭力を鍛える」

世界中のマクドナルドの年間売り上げは、と聞かれたらどう答えますか? フェルミ推定を活用した解答方法を紹介します(写真:tupungato/iStock) 
今、自分の頭で考えることの重要性がかつてないほど高まっています。コロナ禍のような、発生する前には「想定外」だった問題は、今後も次々と起こるでしょう。
AIに奪われる仕事がある一方で、人間にしかできない仕事、思考があります。『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』によって、「地頭力」という言葉を世の中に広めるきっかけをつくった細谷功氏が、地頭力を鍛えるための強力なツールとなる「フェルミ推定」の練習問題とその解法例について解説します。

試されるのは正確性よりも思考のプロセス

地頭力をシンプルに表現すると、「結論から」「全体から」「単純に」考える3つの思考力になります。この3つの思考力は訓練によって鍛えることができるものであり、地頭力を鍛えるための強力なツールとなるのが「フェルミ推定」です。

『地頭力を鍛える 問題解決に活かす「フェルミ推定」』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

まずは、以下のフェルミ推定の例題を考えてみてください。

例題:世界中のマクドナルドの年間売り上げの合計は何ドルか?

※解答に際してのルールは、以下の2つです。
・制限時間5分(厳守)
・ネット検索は不可

挑戦の結果はいかがだったでしょうか?

以下に解法の例を示します。

強調したいのは、この例題で試されるのは最終的に出てきた結果の正確性よりも、どういう考え方で解答に至ったかという「思考のプロセス」です。

この数字を「知識」として知っている人は少ないでしょう。また、ここでより重要なのは正解に近づくための「算出ロジック」です。そうなると頼りにすべきは最低限の常識(知識)と純粋な考える力、すなわち地頭力だけになります。

次ページ世界の売り上げを出すための考え方
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • トクを積む習慣
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT