コロナで「人生の決断3つ」に起きた共通の変化

婚活・転職・大学進学、各領域で何が起きたか

コロナで「人生における大きな決断の方法」が変わっています(写真:タカス /PIXTA)

今、世界中が新型コロナウイルス感染症拡大の真っただ中にあります。すべての人が、この状況にどう対応し、どう変化すればいいのかを考え、ものすごい勢いで世の中が変革し始めています。

「人生における大きな決断」の方法も、コロナ禍を受けて大きく変化しています。例えば、婚活、転職、進学は、人生においてそう何度も経験することがないものです。

リクルートでは今まで、それぞれ携わっている事業領域で起こっている兆しを年1回の「トレンド予測」として発表してきましたが、コロナ禍を受け、各領域の指揮者が横断的に起きている状況を伝える「コレカラ会議」をスタートさせました。そこで、コロナ禍における状況を俯瞰してみたとき、婚活、転職、進学の3つのライフイベントにおいては「共通する変化」が起きていることがわかりました。

どのライフイベントも、リアルに会ったり、体験しなければ実際のところがわからず、決断しにくいものとされてきましたが、オンライン化の進行で、決断までのプロセス、決断の方法が大きく変わりつつあります。その変化について、さまざまなデータや各業界での取り組みを基に、領域ごとに改めて分析します。

婚活では「トライアルデート」の機会が増加

婚活領域では、婚活サービスの利用者が年々増加しており、2019年の婚姻者のうち婚活サービスを通じて結婚した人の割合は13.0%と過去最高を記録。とくにネット系婚活サービスの利用率が高く、新たな出会いの方法としてすでに定着しています。

そんな中、コロナ禍もあって「婚活のオンライン化」が進んでいます。ネット系婚活サービスにおいては、「オンラインデート機能(ビデオチャット機能)」が登場。マッチング→リアルデートという流れが、「マッチング→オンラインデートを通じてある程度相手の人となりを理解する→リアルデート」に変化。オンラインデートが、リアルデートへのハードルを下げるステップとして認識され始めています。

オフラインの結婚相談所においても、「オンラインお見合い機能」が登場。これまで対面で行われていた「カウンセリング→入会→お相手紹介→お見合い」というステップをオンラインで行うことも可能になっています。

オンラインのメリットは、多面的な自己開示ができること。リアルな出会いの場だと、限られた時間の中で限定的な情報しか伝えられないし、相手からも得られませんが、オンラインでは時間の制約が緩和されるため、自分の情報を余すところなく伝えることができ、互いに深く理解し合うことが可能です。

オンラインでお見合いならぬ、互いの情報の“お見せ合い”を行い、事前に相手をよく理解したうえでリアルな交際に発展させる。このような新しい恋愛プロセスが生まれているのです。

次ページ転職は??
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT