不動産屋に「あくどいイメージ」が付きまとう訳

一方で消費者の意識にも多少の問題がある

なぜ不動産屋にはネガティブな印象が付いてしまうのでしょうか(写真:つむぎ/ PIXTA)
サービスやテクノロジーの進化もあり、不動産屋とのやりとりは、かつてより格段に連絡が取りやすくなった印象があります。しかし公認会計士・税理士の山田寛英氏は、「あまりに気軽に不動産屋とやりとりをするのはリスクが高い」と警鐘を鳴らします。山田氏が上梓した『不動産屋にだまされるな――「家あまり」時代の売買戦略』を一部抜粋・再構成してお届けします。

インターネットで「不動産屋」「印象」と検索してみよう。すると「怖い」とか「うさんくさい」とか、ネガティブな意見が数えられないほど表示されることと思う。

国土交通省の平成27年度(2015年度)「土地問題に関する国民の意識調査」によると、およそ6割の人が不動産取引への印象としてネガティブな回答をしていることがわかる。

内訳は「難しくてわかりにくい」が29.4%であり、「なんとなく不安」が30.4%だ。「難しくてわかりにくい」もしくは「なんとなく不安」と答えた人になぜそう思うか、その理由を聞いた結果が図1となる。

不動産の売買をする際、現状では不動産屋とのやりとりがほぼ付いてまわる。そしてそのやりとりにはトラブルが付き物だ。

実際、国土交通省は「不動産トラブル事例データべース」というサイトを通じ、消費者と不動産屋との間で起きたトラブル事例を紹介し、消費者へ注意を喚起している。また公益財団法人不動産流通推進センターも同じように「不動産ジャパン」というサイトで「トラブル事例集」を公開している。

そして、そこに掲載された数々の事例を見る限り、「不動産屋があくどい」というのは、単にイメージだけの問題ではなさそうだ。

不動産屋と一緒にいる間に積み重なる人件費

しかし、不動産の売買を相談する消費者の意識にも、多少の問題があるのは確かである。

たとえば不動産屋に行って、家の売買や賃貸を相談すれば、物件の紹介や説明をしてくれるし、ときには車を出し、内見へと連れていってくれることもあるだろう。もちろんそのときの費用は無料とはいえ、そこには必ず「人件費」が発生していることを忘れてしまいがちだ。

1時間、英語学校へ行って個人レッスンを受ければ数千円、弁護士に相談すればそれ以上かかるのと同様、不動産屋も商売である以上、社員が動けば、動いた分だけお金がかかるのである。

では途中かかった人件費を負担しているのは誰か。購入を検討している人が払うかというとそうではないし、どこの不動産屋だろうと内見の時点でお金を請求してくることはない。というのも、不動産業の核をなす宅建業法で、契約が成立する前に不動産屋が仲介手数料をもらうことは固く禁じられているからである。

次ページノルマが達成できないと怒られる
関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • トクを積む習慣
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ネットで故人の声を聴け
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT