【産業天気図・半導体】需要戻り基調でメモリなど利益急伸、装置も上向き。来春まで「晴れ」の活況


 東芝<6502>は、NANDフラッシュメモリが増益基調。またシステムLSI、ディスクリートも水準は低いが収益改善しており、半導体事業全体でも増益となる可能性が高い。今後の焦点は、NANDフラッシュの増産投資判断だろう。4月にルネサステクノロジと統合するNECエレクトロニクス(社名変更しルネサスエレクトロニクス)<6723>(NEC<6701>、日立製作所<6501>、三菱電機<6503>の持ち分適用会社)はメモリに比べると遅れ気味だが収益は上向き。11年3月期は営業黒字が見込めそう。ただ、工場再編などによりリストラ特損が出る懸念がある。

この環境の中、09年前半には凍結に近かった半導体メーカーの設備投資が再び動き始めている。微細化投資に続き、一部では増産投資も出始めた。このため、半導体製造装置メーカーも受注上向く活況にある。09年の半導体製造装置販売額は前年比46%減(国際半導体製造装置材料協会(SEMI))だったが、10年は5割超の増加が予想されている。東京エレクトロン<8035>、アドバンテスト<6857>の収益は黒字化、ディスコ<6146>は利益を拡大しそうだ。とはいえ、シリコンサイクルの前回の山に比べた利益水準では会社ごとの差が大きくなりそうだ。
(山田 雄大)

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 育休世代 vs.専業主婦前提社会
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 白馬通年リゾートへの道
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
小野薬品vs.本庶京大教授<br>大型新薬めぐり深まる溝

本庶佑教授と小野薬品工業がタッグを組んで生み出したがん免疫治療薬「オプジーボ」。ところが、本庶氏が特許の正当な対価として150億円の支払いを求め、小野薬品工業を提訴する方針を固めた。両者の関係はなぜこじれてしまったのか。

  • 新刊
  • ランキング