Zoomはなぜ強い?10分で学ぶ「差別化」の極意

早稲田MBAで教えている経営戦略の基礎

競合優位性は、複数の要素を組み合わせて築くこともできます。個々の要素だけを見ると強みには見えない。でも、複数の要素を組み合わせると強みになる。こうした場合に模倣が困難になる、という考え方です。

一例として「ZARA」があげられます。ZARAは刻々と変わる流行に敏感な若者がターゲットです。流行に敏感で1シーズンしか着ません。ですから、耐久性は不要で、簡単な縫製で十分。簡単な縫製なら安くつくれるので売価を安くできます。

安ければ若者は多頻度で購入します。簡単な縫製ならスピーディな製造が可能です。短いリードタイムで生産し、新商品を毎週店舗に置くことができます。

高コストの広告は不要

次々に新商品が出るので、流行に敏感な若者は毎週来店します。顧客が毎週来店すれば、高コストのファッション誌広告は不要です。高コストの広告が不要なので売価を安くできます。

『MBAの経営戦略がざっと10時間で学べる』(KADOKAWA)書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします

リードタイムが短いので、店長が売れ筋をこまめに適量だけ発注してもすぐに店舗に届きます。そのため、品切れ・売れ残りが少ないのです。このように個々の要素の強みではなく、複数の要素がつながって強みをつくっています。そのため、競合が一部分だけ模倣しても同じ強みを構築できないのです。

いかがでしょうか? ご紹介した「大切な自社の優位性を守る方法」「競合優位性の築き方」は、「経営戦略」の基本的な部分でもあります。

経営戦略には、このほかにも「戦略的思考」「環境分析」「事業戦略」「コーポレート戦略」などがあります。模倣を防ぐ、競合優位性を築くこと以外にも、経営戦略を学ぶことは、ビジネスの問題を解決する糸口をつかむことにもなります。

新型コロナウイルスなどにより環境が大きく変化している、いわば「激変の時代」を生き抜くうえでも、経営戦略は必要な知識でもあります。この機会に、「経営戦略の世界」に足を踏み入れてみてはいかがでしょうか?

関連記事
トピックボードAD
マーケットの人気記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT