コンサルで叩き込まれる「思考の枠組み」2選

PLCやポジション・マトリクスを説明できますか

製品やサービスの一生のことを表す「プロダクト・ライフ・サイクル」(PLC)(写真:tiquitaca/PIXTA)
仕事の「スピード」と「質」はできる限り上げたいもの。
マッキンゼーで叩き込まれた 超速フレームワーク』では、コンサルティングの現場で実際に使われている、実用性・汎用性が高いフレームワークが紹介されています。本稿では同書から一部抜粋しお届けします。

新製品開発に使えるフレームワークとは?

あなたはコンサルタントで、上司からカメラメーカーA社の新製品開発への支援を命じられたとしましょう。

さて、何から手をつければいいでしょうか。

新製品開発を行う際、マーケティングの世界の有名なフレームワークに「プロダクト・ライフ・サイクル」(PLC)というものがあります。

これは、ひと言でいえば、製品やサービスの一生のことです。

製品・サービスが誕生し、消費者・ユーザーに受け入れられ、売り上げを伸ばし、安定した収益をあげるようになり、そのうちに売れ行きが悪くなって製造・販売中止に至るまでのサイクルです。

一般的に、プロダクト・ライフ・サイクルは下図のように、①導入期 ②成長期 ③成熟期 ④衰退期の4つのステージで表されます。

プロダクト・ライフ・サイクル

導入期とは事業の立ち上げの時期で、研究開発や設備投資に多額の費用がかかります。しかも製品の知名度は低く、マーケティングにも相応の費用をかけることになります。ただし、多額の費用をかけたからといって、売り上げが伸びるとは限りません。

結局、成長期を迎えられず、市場から退場する製品・サービスも少なくありません。

むしろ成長期へたどり着ける製品・サービスは、まれといってもいいでしょう。

次ページ成長期はどんな段階?
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT