九州の高校生が台湾のデジタル大臣と白熱議論 唐鳳氏にぶつけた「デジタル社会で生きること」

拡大
縮小
唐鳳氏はシビックハッカーとして、政府の活動に対して情報を徹底的に公開していく社会運動を行ってきた。そこで、「徹底的な透明性」がなぜ必要なのかという質問に、次のように答えた。

――オードリーさんは、日々の活動において「徹底的な透明性」(Radical Transparency)を大切にしていると聞いています。徹底的な透明性が必要なのはなぜでしょうか。それを追求することによって、政府組織の中で孤立することはありませんか(宮崎西高校)

三権分立の制度において、司法はもともと徹底的な透明性に基づいて成り立っているものです。どのような判決でも最終的には公開されます。しかも、弁護士が公判の過程で書き起こした文章は「著作権を主張してはならない」とされています。

なぜかと言えば、これらは社会の公正性に関することだからです。著作権に対する費用を支払える人しか昔の判決文や訴状を見ることができないとしたら、どんな裁判でもお金持ちが勝訴しますよね。政府の中にいて社会の公平や正義、共生などに関わる人たち、国民とひざをつき合わせて話すような人たちは確かに徹底した透明性を好みます。それに反して、政府の中でも軍事的な決定を下すような人たちは、共生よりも国土の防衛や安全を気にかける必要があります。ですから、彼らは私のオフィスには来ません。

質問に簡潔に答えるならば、もちろん、孤立することはありません。なぜなら、政府の中においても誰かに知られることを恐れず、国民に何としてでも事実を知ってもらいたいという人たちがいるからです。そんな人は、私のところに集まります。しかし、知られてはいけないような情報について、公開を強制することはありません。したがって、徹底した透明性を追求することで孤立することはありませんが、国防・軍事関係の組織に「明日までにすべての機密を公開せよ」ということもありません。

ネットの誹謗中傷はどう対応したらいいか

唐鳳氏はインターネット上で飛び交う誹謗中傷や行きすぎた監視について不安を持つ高校生の質問にも、自身のユニークな対処法を紹介してくれた。

――デジタル化の進展で意見の発信が容易になった一方で、誹謗中傷や行きすぎた監視といった問題が表面化しています。そんなデジタル化社会において、私たちはどのような点に注意して生活していけばよいでしょうか(大分上野丘高校)

私にとってそのような問題は、マスクを付けたりせっけんで手を洗ったりするのと同じで、考えることをしなくても感覚的にすり込まれているようなものです。

インターネット上にある精神的なウイルスやインフルエンザのような、見ると気分が悪くなったり、あるいは自分以外の誰かに迷惑をかけてしまう誹謗中傷行為や情報に対しても、同じような概念で対応が必要だと思います。

次ページタッチスクリーンを使わない理由
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
TSMC、NVIDIAの追い風受ける日本企業と国策ラピダスの行方
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
【動物研究家】パンク町田に密着し、知られざる一面に迫る
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
広告収入減に株主の圧力増大、テレビ局が直面する生存競争
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
現実味が増す「トランプ再選」、政策や外交に起こりうる変化
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
東洋経済education×ICT