最新決算「ベスト200&ワースト100」

決算で笑った会社、泣いた会社はどこだ

「パズドラ」大ヒットで利益は6.6倍

96位に入ってきたのがガンホー・オンライン・エンターテイメント。パズルRPGの「パズル&ドラゴンズ」は期末の12月時点で2200万ダウンロードを突破する大ヒットとなり、13年12月期の純益は12年度の6.6倍の547億円に膨らんだ。時価総額は再び7000億円水準を回復しており、ROEも73%と高く、JPX400銘柄にも選ばれた。なお、パズドラはその後も勢いは続いており、4月には累計2700万ダウンロードまで記録を伸ばしている。

このROEでいえば、125%を超えた中山製鋼所が82位に入った。同社は再建途上の企業だが、債務免除とのれん特益で最終利益が膨らんだためで、過小自己資本もあってROEは100%を超える結果となった。ちなみに連続赤字に苦しんだ13年3月期は債務超過に陥っており、金融機関の債権放棄、新日鉄住金や阪和興業などへの第三者割当増資の実施で、危機を乗り越えようとしている。

次ページ減益の流通大手は順位も大きく下げた
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ミセス・パンプキンの人生相談室
  • iPhoneの裏技
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 地方創生のリアル
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
過熱! プログラミング教室<br>2020年度小学校必修化迫る

公教育への導入を目前に、プログラミング教室が急成長を遂げている。学習塾やIT企業だけではない。家電量販店や玩具メーカー、鉄道会社など異業種からも続々参入、供給過剰感も強まる。講師不足という問題も深刻に。