最新決算「ベスト200&ワースト100」

決算で笑った会社、泣いた会社はどこだ

赤字続き財務も劣化

ランキングには連続赤字で財務内容が悪化している企業も目立った。

22億円の最終赤字と赤字が膨らみ、60位に入ったのがメガネスーパー。期末時点で債務超過に陥ってしまった。4月には債務の株式化や優先株発行で資本増強を実施。並行して不採算店の閉鎖も行っており、止血に懸命だ。

ほかにも自己資本比率10%を割り込む危険水域の企業が多く、黒字化への努力はもちろん、資本増強策も課題となっているようだ。

会社四季報オンラインでは今期予想純益トップ50も掲載したので、ぜひご覧いただきたい)


 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • コロナショック、企業の針路
  • コロナ戦争を読み解く
  • コロナショックの大波紋
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
大手不動産がこぞって参戦<br>「シェアオフィス」ブームの内実

テレワークや働き方改革の浸透で存在感を高めているのが「シェアオフィス」です。大手から中小まで多数の参入が相次いでいますが、目的はさまざま。通常のオフィス賃貸と比べた収益性も事業者で濃淡があり、工夫が必要です。