最新決算「ベスト200&ワースト100」

決算で笑った会社、泣いた会社はどこだ

復活のOKI、ROEは30%超え

176位に入ってきたOKIはROE30.8%と見事な着地だった。ATMが好調だったうえ、為替差益も膨らみ、純利益が倍増した。新年度は前期ほどの為替差益が見込めないだろうが、3年越しの改革が実を結んでおり、ATM、情報通信の好調が続きそうだ。

赤字からの復活では、カスタムLSI首位のロームも車載、スマホ向けに半導体全般に伸び、構造改革の奏功、円安の追い風も吹いて、黒字に浮上した。

資生堂順調な欧米販売、為替の円安効果もあり営業益が拡大。13年3月期にあった減損特損が縮小したことで最終黒字化となった。

次ページ赤字トップはエレキ指定席?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 住みよさランキング
  • 「米国会社四季報」で読み解くアメリカ優良企業
  • 内田衛の日々是投資
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
頭脳争奪<br>中国が仕掛ける大学戦争

国の未来を左右するのは優れた頭脳。大国化した中国は今、その受け皿となる世界トップレベルの大学をつくることに驀進中だ。1つの象徴が深圳(しんせん)の南方科技大学。教育強国となった中国の戦略と、受けて立つ日本の危機感が浮き彫りに。