最新決算「ベスト200&ワースト100」

決算で笑った会社、泣いた会社はどこだ

イオンは減益で49位から108位に後退

減益で着地となった企業は少なく、他社が利益を伸ばすなかでは、当然のことながら順位の下落幅もきつかった。前年49位から108位に大きく下げたイオンもその1社。子会社化したダイエーが赤字となるなど、スーパーマーケット事業が苦戦したほか、特損も膨らみ減益率も39%と大きかった。ライバルのセブン&アイHDが順位を31位に下げたものの増益を守ったのに比べると、これは対照的だった。また、衣料を扱う総合スーパーにとっての脅威、ユニクロのファーストリテイリングも26%増益で903億円の純益をあげ、イオンを上回った。

次ページROE30%の急回復企業
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • インフレが日本を救う
  • 就職四季報プラスワン
  • 晩婚さんいらっしゃい!
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
逆風強まる石炭火力発電<br> 三菱UFJが新規融資停止

地球温暖化への危機感が高まる中、三菱UFJ FGは「新設する石炭火力発電所への投融資は今後原則実行しない」との方針を発表した。国内3メガバンクとしては画期的な決断だが、世界の潮流には大きく遅れる。さらなる前進も近そうだ。