行動経済学 感情に揺れる経済心理 依田高典著

行動経済学 感情に揺れる経済心理 依田高典著

行動経済学では、人間の「限定された合理性」を中心に、最適な行動からの乖離(アノマリー)を経済分析の核にすえる。人間を経済計算だけで判断するのではなく、おそれ、自信過剰、後悔といった感情に日々揺れる存在として考える。

たとえば主流の経済学では喫煙について、現在の嗜好を将来の健康リスクより優先するという時間上の選択であり、また将来の健康リスクを軽視するという意味で不確実性下の選択だから、喫煙者は時間選考率が高く、危険回避度が低いということになるが、はたしてそう言いきれるか。

経済学の歴史の中で、行動経済学がどのように位置づけられるか考え直し、その理論、可能性を紹介する。

中公新書 819円

  

関連記事
トピックボードAD
  • インフレが日本を救う
  • 最新の週刊東洋経済
  • iPhoneの裏技
  • グローバルアイ
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
0/400

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「脱ファッション」が進む<br>渋谷の街の最前線

渋カジ、コギャルなど若者ファッションの聖地だった渋谷。ここが100年に1度の大規模再開発で、オフィスや飲食店が増えアパレル店舗が減少しているのだ。来年エンタメビルとして生まれ変わるSHIBUYA109など、変わりゆく街の今を追う。