「ルーテシア」全面改良でも旧型に似ている訳

人気車種ならではのフルモデルチェンジの仕方

新型ルーテシアの最高出力は96kW、最大トルクは240Nm。最大トルクはAクラスやBクラスを上回り、先代ルーテシアのスポーツモデルである「R.S.」と同一となっている。ルノーがEDCと呼ぶデュアルクラッチ・トランスミッションは、先代の6速から7速に進化した。

ダウンサイジングしたボディや新開発プラットフォームのおかげで、車両重量は先代の同等グレードより20kg軽い1200kg。よって、加速はかなり力強い。多くのライバルが3気筒にスイッチする中では、4気筒らしい滑らかなサウンドも印象に残った。

トランスミッションは先代同様、デュアルクラッチタイプとしては唐突感が少なく滑らかで、トルコンATとは違うダイレクト感を残しながら、微妙な速度調節がしやすかった。

ようやく先進運転支援機能が追いついた

乗り心地とハンドリングも先代と似ており、何気なく乗っていると特徴が掴みにくい。走りはじめてすぐに「猫足」を感じるプジョー208のほうが個性的だ。でも、他車から乗り換えるとレベルの高さに気づく。とにかく揺れが少なくフラットで、コーナーでは信頼感あふれる接地感をベースに、自然な身のこなしを届けてくれる。

伝統的なシートのよさと相まって乗り心地のレベルは非常に高い(筆者撮影)

さらに新型では、ライバル車では気になるパワートレインやシャシーからの細かい振動がシャットアウトされており、1クラス上のクルマを思わせる。だからこそ、世界初採用というBOSE(ボーズ)のフレッシュエアスピーカーが生きるのだ。これまでのルノーと比べると、付加価値的な部分のレベルアップが目立つのである。

しかも新型ルーテシアでは、これまでは皆無に近かった先進運転支援機能が、一気にライバル並みになった。これも新世代プラットフォームの恩恵だ。具体的には、アダプティブクルーズコントロール、アクティブエマージェンシーブレーキ、レーンデパーチャーワーニング、ブラインドスポットワーニングが全車標準装備となる。

作動感はルノーらしい。たとえばアダプティブクルーズコントロールは、唐突感のない滑らかな作動感で、高速道路での加減速は自然そのものだった。最上級車種のインテンス テックパックに付くレーンセンタリングアシストも小刻みに操舵を支援したりせず、シームレスな作動感なので心地よく使うことができた。

次ページ日本にも導入予定? ハイブリッドの「E-TECH」
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ぐんぐん伸びる子は何が違うのか?
  • 就職四季報プラスワン
  • 住みよさランキング
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ホンダ「フリード」がトヨタ「シエンタ」より売れるようになった訳
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
民放キー局が「TVer」に任せた2つの大役と不安
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
15種類の「書き方」を徹底解説<br>無敵の文章術

ビジネスパーソンを中心に文章力の必要性が高まっています。在宅勤務における情報伝達手段として、メールやチャットは不可欠に。また精度の高い企画書はビジネスの成功に直結します。本特集ではシーンや目的別に、短期間でのスキル向上を目指します。

東洋経済education×ICT