「ルーテシア」全面改良でも旧型に似ている訳

人気車種ならではのフルモデルチェンジの仕方

フロントはCシェイプのデイタイムランプとLEDヘッドランプ、開口部を増したグリルからなる「メガーヌ」に似た存在感のある顔つきになったし、サイドはフェンダーの張り出しが控えめに、ドア下のプロテクターはシンプルなモールになって、全体的にシャープになった。

注目すべきはボディサイズで、全長4075mm×全幅1725mm×全高1470mmという数字は、先代より20mm短く、25mm狭くなっている。25mmアップした全高は、アンテナがフィンタイプになった影響もあるだろう。日本のユーザーにとっては嬉しい知らせだ。

インテリアは、外観以上に変わった。日本仕様は下から「ゼン」「インテンス」「インテンス テックパック」の3グレード構成になるが、インテンス以上で選べるホワイトとブラックの2トーンインテリアは、ボディカラーに合わせて赤や青を大胆に使った先代とは対照的で、シックでドレッシーな装いだ。

インテンスの2トーンインテリア(筆者撮影)

細かい部分の作りも丁寧で、オートエアコンのダイヤルやパワーウインドーのスイッチはエッジをシルバーでカバーしており、周囲が暗くなればセンターコンソールやドアトリムをイルミネーションが彩る。これまでのルノーのコンパクトカーでは、考えられなかったようなおもてなしだ。

それでいてシートの座り心地は、ルノーの伝統どおり。優しく腰を受け止めつつ、背中をしっかり支える感触は、1時間以上ドライブを続けていても、疲労の兆しすら感じなかった。後席は身長170cmの筆者であれば足元・頭上ともに、余裕がある。記憶の中にある先代と同等の広さであり、ダウンサイジングの影響は受けていない。

プラットフォームは新開発の次世代型に

技術面ではまず、ルノー・日産・三菱アライアンスが開発した「CMF-Bプラットフォーム」を、ルノーとして最初に採用したことがトピックである。マイナーチェンジではなくフルモデルチェンジとする大きな理由の1つがこれだ。ちなみにCMF-Bプラットフォームは、昨年ヨーロッパ向けに発表された日産「ジューク」の2代目にも採用している。

今回、日本で発売されたモデルのパワートレインは、すべて1.3リッター直列4気筒ターボエンジンだ。これは、ルノー・日産・三菱とダイムラーグループの共同開発で、メルセデス・ベンツ「Aクラス」「Bクラス」も積んでいる。

次ページ最大トルクは先代「R.S.」に匹敵
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 森口将之の自動車デザイン考
  • ブックス・レビュー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
ソニーとパナソニック、10年で大差ついた稼ぎ方
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT