「ルーテシア」全面改良でも旧型に似ている訳

人気車種ならではのフルモデルチェンジの仕方

ヨーロッパBセグメントのベストセラーという実績が納得できるレベルの高さを体験させてくれた新型ルーテシアであるが、トピックはこれだけではない。「E-TECH」と呼ばれる初のハイブリッド車(HV)も用意しているからだ。

メカニズムの一部をルノー・日産・三菱アライアンスで共用しつつルノーが新開発したもので、ガソリン車より大きな1.6リッター直列4気筒エンジンに2つのモーター、マルチモードギアボックス、1.2kWhのバッテリーを組み合わせる。

ヨーロッパ車でよく見られるプラグインハイブリッド車(PHV)ではないので、充電設備は不要。よって、車庫事情の厳しい日本市場にも適応するだろう。インポーターのルノー・ジャポンでは導入を検討中だという。

新たにハイブリッドを用意した2つの理由

日本でもルーテシアの最大のライバルになるであろうプジョー208は、ガソリン車のほかに電気自動車(EV)の「e-208」を設定した。プジョーが属するグループPSAは、Cセグメントを境にそれ以下はEV、それ以上はPHVでの電動化を考えている。

そんな中で日産とともにEVに積極的な姿勢を見せてきていたルノーが、BセグメントのルーテシアにHVを用意したのは、2つの考えがあると思っている。

最大のライバルとなるプジョー208。日本国内でもEVを発売した(筆者撮影)

1つは、最近フランスで発表されたトゥインゴのEV版との関係だ。トゥインゴがAセグメント、ルーテシアがBセグメントと車格が近いので、差別化を図るためにルーテシアはHVにしたのではないかと考えている。

もう1つは、厳しさを増すヨーロッパCO2排出量規制への対応。2021年以降は新車の平均排出量を95g/km以下にすることが至上命題となっており、クリアできない場合は1台1gごとに95ユーロの罰金を支払うことになる。エンジン車だけでは罰金は必至で、ルーテシアのクラスは罰金分を価格に転嫁することも難しい。

歴代ルーテシアは、ガソリンエンジンのスポーツモデルR.S.を用意してきた。新型に設定されるかどうかは現時点では不明だが、ハイブリッドを高性能車種として位置付け、負担を減らそうとしているのではないかと予想している。ライバル、プジョー208とともに、ヨーロッパBセグメントを牽引していく存在になることは間違いない。

自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT