YouTubeが実現した「テレビと真逆」の動画革命

アメリカ本社の最高ビジネス責任者に直撃

ユーチューブ本社のナンバー2としてコンテンツ戦略を統括する最高ビジネス責任者のロバート・キンセル氏は「ユーチューブとネットフリックスはお互いを排除するものではない」と語る(写真:Google)
アメリカのグーグル傘下の動画共有プラットフォーム「YouTube(ユーチューブ)」。世界で20億人以上のユーザーを引きつけた理由はどこにあるのか。ユーチューブ本社のナンバー2としてコンテンツ戦略を統括するのが、最高ビジネス責任者のロバート・キンセル氏だ。
キンセル氏はアメリカのケーブルテレビ放送大手HBOや動画配信大手ネットフリックスを渡り歩いた後、2010年にユーチューブに入社した。ユーチューブには誰でも動画を投稿できる。一方で最大の収益源は広告だ。ユーザーと広告主の両方に振り向いてもらうには、質の高い動画コンテンツが必要だ。ユーチューブにおけるコンテンツ戦略とは何なのか。キンセル氏に話を聞いた。

テレビ局とは真逆のモデル

――ユーチューブがここまで成長した理由は何なのでしょうか。

ユーチューブという名前の由来は、世界中で「あなた(You)」が「ブラウン管(Tube)」に何でも投稿できる、つまり開かれた場だということ。ちょっとしたものを時々投稿する人もいれば、つねに投稿し続けるクリエーター(ユーチューバー)も出てきた。スマートフォンの普及もあり、驚くほど幅広いコンテンツが積み重なっていった。

これまでに類を見ない量のコンテンツがあれば、視聴者を引きつける。放送枠が1日24時間に限られ、少ないコンテンツでできるだけ多くの人に訴求しなければならないテレビ局とは真逆のモデルだ。ユーチューブでは投稿者が無理に幅広い視聴層にアピールする必要がないからこそ、多種多様なコンテンツが貯まっていった。視聴者は自分の興味に合ったものを楽しむことができる。

『週刊東洋経済』11月9日発売号の特集は「YouTubeの極意」です。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

視聴者とクリエーターの両方がそろえば、広告主を取り込むのが容易になる。視聴者へのリーチを確保し、(マーケティングの)目標を達成できる。そうして好循環が回り出す。

これは簡単にできることではない。ものすごい量のアップロードを可能にするには、世界中のあらゆる場所にコンテンツを格納し、配信速度を改善しなければならない。これには多額の費用がかかる。

――キンセルさんはユーチューブに入社する前、アメリカの動画配信大手ネットフリックスでコンテンツ調達の責任者でした。ユーザーがコンテンツを投稿するユーチューブと、プロが制作するネットフリックスは、過去10年でともに急成長を遂げました。なぜこの2つは共存できたのでしょうか。

ネットフリックスは従来のテレビ番組や映画の形に近い。だが(DVDから)インターネットに移行したことで、コンテンツの量と幅が格段に広がった。彼らなりのコンテンツの届け方を考え、ユーザーが使いやすくすることで、「イッキ見(bingeing)」という習慣を根付かせた。

だから(いつでも好きなコンテンツを見られるという意味で)ユーチューブと近い。もっとも、消費者が求めるのは「ストーリー」であり、フォーマットは関係ない。ユーチューブとネットフリックスはお互いを排除するものではない。むしろ動画の世界における素晴らしい共存の一例だ。

本記事の続きはこちら。このほかに『東洋経済プラス』に掲載しているインタビュー全文版では、「クリエーターの拡大戦略」「広告主のユーチューブに対する見方」「日本市場の特異性」などについて詳しく語っています。
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • iPhoneの裏技
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
ラーメン店の倒産ラッシュが必然でしかない事情
人望のない人は「たった一言」が添えられない
人望のない人は「たった一言」が添えられない
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
都心vs. 郊外 家を購入するならどっち?
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
30~40代でも起こりうる『孤独死』の過酷な実態
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
漂流する東芝<br>舵取りなき12万人の悲運

再出発したはずの東芝の漂流が止まりません。再建請負人の車谷暢昭社長が電撃辞任。緊張感が増すファンドとの攻防や成長戦略の構築など課題は山積しています。従業員12万人を超える巨艦企業はどこに向かうのでしょうか。

東洋経済education×ICT