「象を買った」不正伝説も!海外ロケの衝撃実態

想定外はつきもの、経費のごまかしもはびこる

ではコロナ禍の今、視聴者はどんな内容の海外ロケ番組を求めているのだろうか。Eさんは言う。

「われわれは最初、『コロナが収まったらこんなところに行こう!』みたいな内容のものを放送していました。しかし、実はこうしたものはまったく受けないのです。『観光ビデオ』は視聴率が全然取れない。

むしろ世界の各地から明るい話題や希望の持てるトピックを探してきて放送すると、多くの人に見てもらえます。歴史をゴリゴリ掘り下げるとか、深い内容のものやシビアなものも見られるようになってきた。コロナを機に日本の視聴者が求めるレベルは高くなったのかもしれません」

ただ海外のことをやってもダメ

ベテランのAさんも海外ロケ番組の本質について、こんな考えを持つ。

「海外ロケ番組は、ただ『海外のこと』をやったのではダメなのです。『日本人の見たい海外』でなければなりません。日本人が好きで、感情移入できる話を世界各地で探してこなければ見てもらえません。

例えばヨーロッパの農家のことを紹介していても、そこには『日本人が失ってしまった、ものを大切にする心』があったとか、そういうストーリーがなければならない。世界が見たいのではなく、世界を通して日本が見たいのです。

もしこれから海外ロケを現地任せにするのだとしたら、『日本から現地に行って初めて感じられること』をどのように補っていくのか、が大切になるのかもしれませんね」

今の日本人は、特に若い人を中心に「内向き」で、海外に関心が薄い人が多いと言われる。しかしコロナ禍を経験して、われわれは「世界が狭く、お互いに強く影響し合っている」ことを痛感したはずだ。これからもわれわれ日本人が「世界を知り、世界に興味を持つための窓」として、良質な海外ロケ番組の重要性は高くなっていくと私は信じている。

その苦労は大変なものだということはよくわかっているが、ぜひ現場の職人たちには、頑張っていい番組を作り続けてもらいたいと心から願っている。

本連載「テレビのミカタ」では、匿名であなたの置かれている現状を語ってくれるテレビ関係者からの情報・相談を募集しています(詳細は個別に取材させていただきます)。こちらのフォームにご記入ください。
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 岐路に立つ日本の財政
  • 賃金・生涯給料ランキング
  • 最新の週刊東洋経済
  • 実践!伝わる英語トレーニング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
地銀 最終局面<br>首相が追い込む崖っぷち

遅々として進まなかった地銀再編。しかし菅義偉首相は明確に踏み込みました。全国の地銀はどう動くのか、現状を徹底取材。今後起こりうる地銀再編を大胆予測。さらにビジネスモデルや行員の働き方にも注目し、地銀が生き残る道について探りました。

東洋経済education×ICT