感染予防は現場任せ「TVドラマ」のずさんな実情 このままでは地上波放送がなくなりかねない

✎ 1 ✎ 2 ✎ 3 ✎ 4 ✎ 最新
拡大
縮小
撮影が再開されているテレビドラマの現場だが、新型コロナの感染対策は実にずさんなものだった(写真:OrangeMoon/PIXTA)

さまざまな“テレビのプロ”たちはどんな仕事をしているのか、そしてどんな問題にいま直面しているのか、を取材して「現場の声」をお届けする連載「テレビのミカタ」。

前回は、ドラマ撮影を前に進めるためなら何でもするトラブルバスター「ドラマ制作部」の人たちの、あまりに過酷すぎるお仕事の実態について紹介した。

画像をクリックすると公開中の記事一覧にジャンプします

そんな彼らを今、新型コロナウイルスの影響による撮影現場の変化が一層追い込んでいるという。緊急事態宣言の解除後、ドラマの撮影が再開されつつあるが、実は現場は撮影再開を素直に喜んでいられる状況ではないというのだ。

さらに、場合によっては今後、地上波テレビからドラマがどんどんなくなってしまう可能性すらある、と彼らは予測している。いったいどういうことなのか。

今回は、コロナ禍に苦しめられるドラマ撮影現場の実態を、ドラマ制作部の職人たちの証言を基に明らかにしたい。証言者は前回に引き続き、アラフィフのベテラン制作部・Aさんと、30代半ばの制作部・Bさんだ。

「現場に入らないと感染対策がわからない」

「実はドラマの撮影現場にも新型コロナの感染者が少しずつ出始めています。仕事は6月末くらいからはたくさんあって、むしろ人手不足なぐらいなのですが、私は高齢の親と同居しているので、仕事を再開するのを躊躇しています。

ですので現在も、貯金を取り崩して生活している状況が続いています。というのも、どんな安全対策が取られているのかが現場によってバラバラで、まったくわからないんですね」

こう言うと、Aさんは顔をしかめた。

「感染防止対策マニュアルは基本的には各放送局が作っています。そして、そのマニュアルを基に各制作会社も現場ごとにマニュアルを作っているのですが、そのマニュアルがいっさい公開されていません。ですから、その現場に入ってみないと、どんな感染防止対策が取られているのか、知る術がないのです」

次ページなぜ感染対策はバラバラなのか
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT