中国の原油輸入「アメリカ産」が4位浮上の背景

9月の輸入量は前年の7.5倍で過去最高を更新

中国は1月に合意した「第1段階」の貿易協定に基づき、アメリカ産原油の輸入を増やしている。写真は中国の石油輸送大手、中遠海運能源運輸の超大型タンカー(同社ウェブサイトより)

中国によるアメリカ産原油の輸入が増え続けている。中国海関総署(税関)が10月25日に発表したデータによれば、2020年9月のアメリカからの原油輸入量は前年同月の約7.5倍の389万7400トン(1日当たり約95万バレル)と過去最高を更新。これにより、中国の国別の原油輸入先でアメリカは第4位に浮上した。

今年1月16日、中国とアメリカは両国間の貿易協定の「第1段階」に合意。中国は向こう2年間でアメリカ産の「エネルギー関連製品」の輸入を524億ドル(約5兆4952億円)分増やすと約束した。これについてエネルギー業界の関係者の多くは、中国がアメリカ産の液化天然ガス(LNG)と原油の輸入を大幅に増やすと予想した。

そして7月、中国のアメリカ産原油の輸入量は366万5800トンと過去最高を記録。この時点で、アメリカは中国の原油輸入先で第5位に躍り出た。一方、エネルギー関連のコンサルティング会社のアーガス・メディアによれば、アメリカにとって中国はすでに5月から4カ月連続で最大の原油輸出先となっている。

アメリカから中国に向かうタンカーが倍増

海関総署のデータを見ると、アメリカからの原油輸入量は4月までは極めて少なく、増加し始めたのは5月以降だ。年初から9月までの輸入量は累計1092万4000トンに達している。

アーガス・メディアによれば、8月はアメリカから6隻の超大型タンカー(VLCC)が中国に向けて出港し、9月はこれが12隻に増加した。アメリカから中国までの海上輸送には1カ月前後かかることを考えると、10月のアメリカ産原油の輸入量はさらに拡大しそうだ。

本記事は「財新」の提供記事です

なお、中国が9月に最も多くの原油を輸入したのはサウジアラビアからで、その量は前年同月比8.59%増の778万4300トン。

第2位はロシアで、輸入量は同18.61%増の747万8300トンだった。

(財新記者:羅国平)
※原文の配信は10月27日

関連記事
トピックボードAD
ビジネスの人気記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 不安な時代、不機嫌な人々
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
徹底検証「都心vs.郊外」<br>激動 マンション・住宅

在宅勤務の長期化を受け新しい住まいへの需要が急膨張。想定外の事態に供給業者も対応に追われています。2度目の緊急事態宣言発出という状況下、住宅市場はどう変わるのでしょうか。最前線での取り組みを徹底取材しました。

東洋経済education×ICT