米国TVの転換期に生まれた記念碑的作品 映画、TV、ネットの特性を生かして大ヒット【後】

✎ 1〜 ✎ 13 ✎ 14 ✎ 15 ✎ 最新
拡大
縮小

一流の映画人がTVドラマのセオリーを踏襲

さて、HBOは映画を撮るように時間と資金をぜいたくに使った製作スタイルが画期的であるとされてきた。比べて本作は、フィンチャーやスペイシーが映画界で培ったものを、ネットフリックスでどう生かせるか、いわば一流の映画人が、ネットフリックスならではのドラマ作りを模索するといった姿勢で臨んだと思われる点がユニークだと筆者はみている。

『ハウス・オブ・カード』はアクションはなくとも、映像のスケール感、クオリティは一級品だ。映像に並々ならぬこだわりを持つフィンチャーらしく、本作には同監督の『ドラゴン・タトゥーの女』などの映画と同じ、次世代デジタルカメラの先駆けである「RED EPIC」を使用している(4Kストリーミングサービスに対応)。照明もすばらしく凝ったもので、映像のクオリティの高さは特筆するべきものがある。

アメリカのTVシリーズは、これまでフィルムでの撮影を基本としてきた。近年はデジタル化が急ピッチで進んでおり、特に製作費がかけられる作品は、大作映画と同じカメラが使われているものもある。

たとえば、映画『ショーシャンクの空に』のフランク・ダラボン監督はフィルム派を公言していたひとり。彼が手掛けた人気ドラマ『ウォーキング・デッド』(2010年~)はフィルム撮影だったが、新作ドラマでデジタルへの移行を試みている。

もっとも、『ウォーキング・デッド』は16ミリフィルムがもたらす効果を最大限に生かした映像が魅力で、あえてフィルムで撮影している作品はほかにもある。この辺の事情は、また別の機会に述べたいと思う。

映画と同じ最先端の技術を使いながら、一方で本作は小難しい政治を題材としながらも、小さな画面でも視聴者を飽きさせない作りとなっている。刺激的なセリフの応酬に、主人公が視聴者に向かって語りかける距離の近さ、主演のスペイシーのいい意味でのわかりやすい、ややもすれば芝居がかった役作り、次の回へと引っ張る連続性の強さは、ストリーミングサービスによって提供されるコンテンツとしての特性を意識したものであろう。つまり、従来のTVドラマのセオリーを踏襲しているのだ。

『ハウス・オブ・カード』は、映画の質とTVシリーズの連続性の醍醐味を兼ね備えつつ、技術的な面と配信スタイルにおいて、これまでにない試みがなされた。その意味で、一大転機を迎えているアメリカのTV界にあって、モニュメント的な作品と言えるかもしれない。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
日本製鉄、あえて「高炉の新設」を選択した事情
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
パチンコ業界で「キャッシュレス」進まぬ複雑背景
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
イオン、PB価格据え置きの「やせ我慢」に募る憂鬱
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
「イトーヨーカドー幕張店」激戦区の大改装に差した光明
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT