中国の自動車「華晨汽車」の社債がデフォルト

総額157億円、国有企業の債務不履行は異例

華晨汽車はBMWやルノーとの合弁のほか、独自ブランドのクルマも生産している(写真は独自ブランド「中華」のウェブサイトより)

「当社の資金繰りが一時的に困難になっているのは確かだ。社債を期限どおりに償還するのは難しく、問題解決に向けて努力している」

10月23日の正午頃、華晨汽車集団の担当者は財新記者の問い合わせにそう答えた。そしてこの日の深夜24時、額面10億元(約157億円)の同社の社債「17華汽05」はあえなくデフォルトした。

華晨汽車は中国の遼寧省政府直属の自動車メーカーで、遼寧省国有資産監督管理委員会が発行済み株式の80%、遼寧省社会保障基金会が同20%を保有する。公式資料によればグループの従業員数は4万7000人、総資産は1900億元(約2兆9790億円)を超え、上場企業4社を含む160社余りの子会社・関連会社を傘下に擁する。そんな大型国有企業の社債がデフォルトするのは異例のことだ。

同社はドイツのBMWとの合弁企業「華晨BMW」で乗用車を、フランスのルノーとの合弁企業「ルノー金杯」で小型商用車を生産するほか、「中華」および「華頌」という独自ブランドのクルマも生産している。しかし業績が好調なのは華晨BMWだけで、華晨汽車の連結純利益の9割を華晨BMWが稼ぐといういびつな状況だった。

BMWとの合弁見直しで信用力低下

しかし華晨汽車とBMWは2018年10月、BMWが2022年までに華晨BMWへの出資比率を現在の50%から75%に引き上げることに合意した。実行されれば華晨汽車の出資比率は25%に下がり、連結決算で同社の純利益に算入できる金額が目減りする。それが信用力の低下につながったとの見方が少なくない。

社債の半期報告書によれば、2020年6月末時点の華晨汽車の負債は総額1328億4400万元(約2兆830億円)に上り、のれんと無形資産を差し引いた後の総資産負債比率は71.4%に達している。

財新記者の取材によれば、華晨汽車は今年8月から資金繰りが苦しくなり、遼寧省国有資産監督管理委員会が主導するチームが経営を実質的に引き継いだ。このため、多くの債権者は同社の財務危機を知りつつも、政府の信用に期待してデフォルトは予想していなかった。

本記事は「財新」の提供記事です

あるプライベート・エクイティファンドの担当者は、社債の償還期限前に自ら遼寧省に出張し、華晨汽車の状況について情報を集めた。その時点では、省政府の金融監督当局と地元金融機関が協議を重ね、社債の償還資金を地元銀行が融通することになっていたという。

「だまされたという思いだ」と、この担当者は落胆を隠さなかった。


(財新記者:安麗敏、王娟娟)
※原文の配信は10月23日

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 自衛隊員も学ぶ!メンタルチューニング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT