iPhone12を「4万円以下で買う」割引フル活用術

「アップルストア」でキャリア契約もできる

ただし、キャリアの契約や割引は、実店舗のアップルストアに行かなければならない。オンラインで配送されるiPhoneは、すべてSIMフリーになるため、注意が必要だ。キャリア契約をしたいときには、購入時に店舗受け取りを指定しておく。各iPhoneの購入ページに行くと、「ソフトバンク、au、NTTドコモの契約プランが付いたiPhone 12はApple Storeでどうぞ。今すぐ予約する」というリンクが設置されている。ここをクリックして、購入したい色や容量を選び、店舗を指定して受け取り日時などを予約するだけでいい。

また、店頭でSIMフリーのiPhoneを受け取り予約していた場合も、当日、キャリア契約に変更することができた。SIMロックがかかってしまうのは難点だが、今はSIMロック解除の条件も大きく緩和されている。例えばドコモでは、一括払いや過去にSIMロックを解除したことがある場合、支払いにクレジットカードを使っている場合などは、契約と同時にSIMロック解除の手続きも行ってくれる。渡されるiPhoneは、最初からSIMフリーになっているため、アップルストアでSIMフリーのiPhoneを単体購入するのと差異がない。格安SIMで使うというのでなければ、アップルストアでのキャリア契約はお得と言えそうだ。

2.家電量販店で「コード決済」の割引をフル活用

アップルは、昨年からiPhoneの販路を徐々に広げており、現在は一部の家電量販店などでもSIMフリー版を購入できる。店舗は限定されるが、ビックカメラやヨドバシカメラでも、発売日からiPhone 12シリーズを取り扱っている。還元率は1%とほかの製品より低いが、家電量販店の独自ポイントがつくのは魅力と言えるだろう。例えば、iPhone 12の64GB版の場合、944ポイントが付与される。

さらに、ビックカメラでは、さまざまなコード決済サービスを利用できる。各社の実施するキャンペーンを利用すれば、お得にiPhoneを購入することが可能だ。オススメは、LINE Pay。

LINE Payのビックカメラクーポンを使えば、決済時に5%の割引を受けられる(筆者撮影)

同社は毎月、各種店舗で利用できるクーポンを配信しており、毎月のポイントに応じて、最低1枚、最高で10枚をユーザーが選択できる。この中には、ビックカメラで5%割引になるクーポンも含まれている。iPhoneを購入する際に、これを利用すればいいというわけだ。

例えば、iPhone 12の64GB版は、5%オフで8万1510円になる。さらにビックカメラ自体のポイントもつくため、それも加味すると実質8万円強になる。LINE Payのクーポンは、アップルストアでの割引とは異なり、割引額ではなく5%という割引率で計算される。そのため、本体価格が高ければ高いほど、割引額は大きくなる。容量の大きなiPhoneを買うときに使うと、それだけお得になると言えるだろう。

次ページコード決済各社が大規模な還元を行うことも
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 日本資本主義の父 渋沢栄一とは何者か
  • ドラの視点
  • ネットで故人の声を聴け
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
脱・ストレス 不安加速社会<br>への4つの処方箋

コロナ禍で、人と会ったり飲み会をしたりといった従来のストレス解消法がしづらくなっています。そんな今だからこそ、「脳」「睡眠」「運動」「食事」の専門家が教えるコンディショニング術でストレスフリーな状態を目指しましょう。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT