「iPhoneでネット閲覧」をもっと効率化するワザ

リンクを開いてそのまま終了させてませんか

実はさまざまな機能が隠されているSafariを効率的に操作できる裏技を紹介する(筆者撮影)

数々のアプリが内蔵されているiPhoneだが、最も使うのはブラウザーのSafariと言っても過言ではないだろう。iPhoneにはChromeなど、他社製のブラウザーも用意されているが、標準で使うブラウザーを変更できないこともあり、どうしても利用頻度は高くなる。

文字を読みやすくする「リーダー」や、プライバシーを守る「シークレットタブ」など、さまざまな機能が用意されており、使い勝手もいい。

この連載の一覧はこちら

利用頻度が高い機能なだけに、Safariを効率的に操作できる裏技はぜひ覚えておきたい。直感的に操作できるのが売りのSafariだが、実はさまざまな機能が隠されている。とくに試してみたいのが、各種ボタンの“長押し”だ。

長押しや3D Touch、触覚タッチを使うことで、開いているタブを一気に閉じたり、リーダーモードにすぐに切り替えたりといったことが可能になる。Safariには、意外とこうした操作に対応した機能が多いため、マスターしておけば、よりスムーズにサイトをチェックすることができるはずだ。

1.「タブを一括削除」「履歴を一発表示」

メールやSNSなどのリンクからSafariを開き、読んだ後にそのままSafariを終了させていないだろうか。このような使い方をしていると、新たなサイトを開くたびにタブが追加されていき、どんどんその数が増えてしまう。過去に見たサイトを残しておきたいという人はいいが、タブとして開いておく必要性は薄い。たびたび見るようなサイトであれば、ブックマークなどをしておいたほうがいいだろう。

一つひとつ消すのが面倒なタブは、長押しでまとめて削除したい(筆者撮影)

一つひとつタブを消去していくのは意外と骨が折れる作業になる。これを一括で消すことができるのが、長押しだ。

まずSafariを開き、画面下のツールを表示させよう。右下にあるのが、タブ一覧を表示するボタンだ。通常は、ここをタップすると、開いているタブの一覧が表示される。タブの一括消去は、ここを長押しするといい。

タブのメニューを長押しすると、「○個のタブをすべてを閉じる」「このタブを閉じる」「新規プライベートタブ」「新規タブ」の選択肢が現れる。「を」が1つ多く、メニューの日本語が少々おかしいが、ここでは「○個のタブをすべてを閉じる」をタップしよう。

これで、開いているタブを一括で閉じることができる。一つひとつの「×」ボタンを押していくより、効率的なはずだ。

次ページ文字の読みやすさに特化した「リーダーモード」
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 日本と中国「英語教育格差」
  • 検証!ニッポンの労働
  • 岐路に立つ日本の財政
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
スペシャルインタビュー<br>元ラグビー日本代表・畠山健介

今年から米メジャーリーグ・ラグビーのチームに所属、華やかな選手生活とは裏腹に幾多の葛藤を乗り越えてきた畠山選手。「ラグビーファンの拡大には、リーグのプロ化が不可欠だ」。新天地にいる今だから見えてきた日本ラグビー改革論を熱く語ります。