「iPhoneでネット閲覧」をもっと効率化するワザ

リンクを開いてそのまま終了させてませんか

画面上部は、ほかにも長押しできるところがある。URL表示欄がそれだ。ここを長押しすると、URLをダイレクトにコピーすることができる。

URLをメールやメッセージにペーストしたいときなどに、いったんURLをタップし、範囲指定したあとにコピーを選択しても同じことができるが、長押しならこうした面倒な手順をすべてスキップできる。操作をショートカットしたいときに有効な技として覚えておきたい。

3.リンクの長押しで出るメニューを活用しよう

ズラリと並んだ記事から、必要なものだけを読みたいときに重宝するのがリンクの長押しだ。3D Touchに対応している以前のiPhoneの場合は、リンクを強く押し込むことで同じ操作になる。リンクを長押しすると、その中身が表示されるのと同時に、次に起こすアクションを選択することができる。

「開く」をタップすると、普通にタップしたときのように画面が切り替わる。現在表示中のページを残したまま、リンク先を開きたいときは、ここで「新規タブで開く」を選べばいい。通信環境がない場所でリンク先を読みたいときや、後で参照したい記事を残しておきたいときは「リンク先のファイルをダウンロード」を選択しよう。

あらかじめダウンロードファイルの保存先をiPhone本体に指定しておけば、サイト自体をダウンロードすることが可能だ。

リーディングリストを使う際は、リンクを長押しして登録すると効率的だ(筆者撮影)

後から記事をまとめて読みたいときにオススメなのが、「リーディングリストに追加」。このボタンをタップすると、リンク先がリーディングリストに登録される。リーディングリストを開きたいときは、ブックマークをタップし、メガネのアイコンをタップすればいい。

リーディングリストは、既読、未読を管理できるほか、オフライン表示用に記事をそのまま保存する機能も用意されている。こうすることで、通信環境があまりよくないときにも素早く記事を表示できる。フライトなど、電波の届かない場所で記事をまとめて読みたいときにも重宝する機能と言えるだろう。

ページごとにオフライン保存するかどうかは選択できるが、まとめてオフラインにしたいときは、「設定」アプリから「Safari」を開き、「リーディングリスト」の欄にある「自動的にオフライン用に保存」をタップしておけばいい。

ページを表示させてから共有メニューを開き、リーディングリストに登録することもできるが、読みたいものをとりあえず保存したいときは、リンクを長押ししたほうがスムーズだ。

アイコンをタップするのとは違い、視覚的な誘導がないため、長押しは気づきにくいかもしれないが、駆使すればSafariを効率的に操作することができる。一つひとつはわずかな時短にしかならないかもしれないが、Safariは毎日使うアプリなだけに、チリも積もれば山となる。素早くiPhoneを操作するテクニックとして、覚えておいても損はないだろう。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • コロナ後を生き抜く
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT