織田信長「桶狭間」で奇跡の大逆転を果たした訳

「時と場合によって」のワンマンプレーが光った

今川軍「あ、晴れた。いやーとんでもない雨だっ……え、敵!?」

となった今川軍は大慌て。

数の少ねー織田軍がいきなり攻撃してくるなんて、思いもよらない雨上がりの突進。

対応しきれません。

信長「敵の首は取るなぁ!! 狙うは今川義元の首、ただ1つ!!!!」

ターゲットは、今川義元のみ。

優先すべきは、個人の手柄より織田軍としての勝利。

今川軍は2万以上とお伝えしましたが、それはぜーんぶの部隊をあわせた人数です。

このとき信長が戦いを挑んだのは、今川義元本隊の3000~5000。

5000 vs. 2000ならもしかして……

信長「かかれぇ!! かかれぇぇぇ!!」

信長みずからが先頭に立ったために、織田軍のモチベーションは高く、その勢いに押された今川軍は次第に後退。

先頭部隊が崩れ、後ろになだれ込むと、義元の乗った塗輿(ぬりごし。おみこしを想像して)を捨てて逃走する者まで現れます。

信長「義元はすぐそこだぁぁ!! かかれぇぇぇ!!」

織田軍の猛攻は止まりません。

度重なる突撃に、300はいた義元の旗本(親衛隊)も、50にまでその数を減らします。

信長は先頭に立って戦った

両者鬼気迫る熱戦、乱戦、超接近戦の中、織田軍トップの信長は

信長「ウラァァァァ!!」

なんと馬を降りて、家臣と先を争うように敵をぶっ倒していくんです。

その勇ましさに、興奮する若い家臣たち。

自分たちも信長に続けと、持てる力のすべてを敵にぶつけます。

汗と鮮血をほとばしらせ、何人もの死傷者を出しながら、“ターゲット”に肉薄する織田の軍勢。

狙うは今川義元の首、ただ1つ──。

そしてついに、

グサッ!!

信長家臣・服部一忠が、今川義元にやりの一撃をくわえます。

が、しかし、義元の反撃をひざに受け、倒れこむ服部。

結果から見ると、この一太刀が、義元最期のアクションでした。

次に迫った毛利良勝(信長家臣)に、

ザッッ!!!!

斬りつけられ、倒れ伏し、今川義元はその首を取られたのでした。

総大将がやられた今川軍は、その場から逃走。

興奮さめやらぬ信長と織田軍は、

信長「えい!!! えい!!!」

織田軍「オオオオォォォーーーー!!」

その熱狂を勝鬨(かちどき)に変え、桶狭間の地にぶつけます。

圧倒的不利をくつがえした織田信長。

世紀の大大大勝利を手にしたのでした。

はい、これが現在明らかになっている「桶狭間の戦い」のザックリとした流れです。

義元は上洛(京都に行くこと)なんてしようとしてなかったし、スタンバイしたのは低地じゃなくて山だし、信長は奇襲じゃなくて正面突破……。最近の桶狭間は、こんな話になってるんですね。

次ページ織田軍の勝因は?
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • おとなたちには、わからない
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ついに上場廃止、大塚家具の末路
ついに上場廃止、大塚家具の末路
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
日本初、「工場を持たない」EVメーカー誕生の衝撃
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
2050年の中国<br>世界の覇者か、落日の老大国か

米国と並ぶ超大国を目指す中国。しかし中国の少子高齢化はこれまでの想定を超える速さで進行しています。日本は激変する超大国とどう付き合うべきか。エマニュエル・トッド、ジャック・アタリ、大前研一ら世界の賢人10人が中国の将来を大胆予測。

東洋経済education×ICT