織田信長「桶狭間」で奇跡の大逆転を果たした訳

「時と場合によって」のワンマンプレーが光った

織田軍の勝因は、信長みずからが前に出て戦ったってとこでしょうが、ご覧のとおり、いろんなラッキーが重なったことも否めません(天候急変。今川の油断、テンパりなど)。

ただ、ここでお伝えした話も「こっちのほうが絶対正しい!」ってわけじゃないし、ホントのホントの勝因は……謎です。残された史料だけじゃわからない部分が多くて、諸説ありまくりなんです、この戦い。

お互いの兵の数も全然定かじゃないし、義元が布陣した「桶狭間山」という場所がどこなのかも、あいまいなんですね(愛知県の名古屋市緑区か、豊明市っていわれてます)。

さて、そんな諸説ありまくりの「桶狭間の戦い」ですが、この戦から現代の僕たちが学ぶべき点はどこでしょう?

人によって受け取り方はさまざまでしょうが、たぶん

「強いものにも立ち向かっていく勇気!」

「みんなの力を合わせれば、大逆転は起こせる!」

みてえな、表面上のペラペラな部分じゃないことは確かですよね(それも大切ですけど)。

個人的に、この戦いでいちばん見習うべき点は、

「信長のすげーワンマンな感じ」

だと思います。

家臣の意見をいちいち全部聞いていたとしたら…

今川との戦いに臨んだ信長は、家臣に何も伝えず、意見も聞きませんでした。でも、ギリギリ勝てたのは、そのやり方だったからこそです(数々の幸運があったとはいえ)。

仮の話になりますが、もし信長の中に「こうしよう」という明確なビジョンがあったとしても、割れに割れた家臣の意見をいちいち全部聞いていたら、勝てる見込みの少ない戦いが、絶対に勝てない戦いになっていたんじゃないでしょうか。

いつの世も、チームの“和”はとっても大事。

『13歳のきみと、戦国時代の「戦」の話をしよう。』(幻冬舎)。書影をクリックするとアマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら

だけど、全員の意見を大事にしすぎるチームは、方向が定まらず、1つも前進しないし、すぐに壊れます。

誤解を恐れまくりながら言わせていただくと、

「時と場合によっては、ワンマンプレイは大いに必要」

なんだと思います。

言い換えればそれは、「責任を伴った決断力」でもありますしね。

誰もが複数のチームやコミュニティーに所属してる今の時代(会社、学校、SNS上などなど)。リーダーであろうとなかろうと、そのチームの維持や発展を考えるなら、信長の姿を思い出してみるのもいいかもしれません。

ワンマンすぎると、それはそれで問題ですけど(以上、圧倒的個人的見解でした)。

ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 財新
  • 今見るべきネット配信番組
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
ひろゆき感動「難病61歳の人生サイボーグ化計画」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
会社にとって「一番お荷物になる社員」5つの条件
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT