スバリストは新型「レヴォーグ」をどう見たか

全方位的な進化を感じるが気になる部分も…

レヴォーグの発表会はオンラインで行われた(写真:SUBARU)

スバルは2020年10月15日、新型「レヴォーグ」の発表をオンラインで行った。今までスバルの屋台骨を支えた「レガシィツーリングワゴン」からレヴォーグへ進化し、その2代目となる今回の新型レヴォーグ。その開発コンセプトは「継承と超・革新」だ。約30年にわたって続いたレガシィツーリングワゴンの文化を継承し、超・革新とした題した技術を投入した。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

歴史を遡ると、初代レガシィが登場したのは、1989年だ。それまでの「レオーネ」から一新したスタイリングと性能を持ったレガシィは、つい最近生産が終了した「EJ型エンジン」を搭載した初のモデルでもあり、そのターボエンジンを積んだ「ツーリングワゴンGT」が大ヒット。ステーションワゴンブームを牽引した。

その後もレガシィは、セダン/ワゴンと2タイプのボディを持ち、水平対向エンジン+AWD(全輪駆動)のパッケージを進化させ、スバルの屋台骨としての存在感を強めていった。

しかし、5代目になると、主戦場は国内ではなくアメリカ市場となり、ボディ全体をサイズアップ。デザインも、4代目までのシャープでスポーティーなものから、スクエアなデザインに変更。これによりアメリカでは販売を伸ばしたが、国内では販売面で苦戦をしいられた。

ワゴン専用車として開発されたレヴォーグ

そしてレガシィは、セダンの「B4」とSUVルックの「アウトバック」のみとして、ツーリングワゴンを廃止。国内向けに、サイズを一回りコンパクトにしてスポーティーな性格を与えたレヴォーグを2014年に誕生させた。

発表会は成田国際空港の航空機格納庫よりオンラインで行われた(写真:SUBARU)

レヴォーグは、レガシィとは異なりセダンを持たず、ツーリングワゴン専用車として開発。エンジンは、それまでのEJ型に代わり新開発の「FB16型」水平対向4気筒1.6リッターターボ(170PS/25.5kgm)と、「FA20型」水平対向4気筒2.0リッターターボ(300PS/40.8kgm)の2本立てとなった。

2016年の改良では「STI Sport」と呼ばれる、スバルのモータースポーツを支えるSTI(スバルテクニカインターナショナル)がチューニングを施したグレードが登場。マイナーチェンジを繰り返しながら販売数を伸ばしていたが、世界的な環境性能への対応や新型アイサイトの搭載などを行うため、モデルチェンジが行われた。

次ページ再び大きくなったボディ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 就職四季報プラスワン
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ソロモンの時代―結婚しない人々の実像―
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT