「ヤリスクロス」、C-HRやライズと異なる強み

激戦区のSUV市場でどこをアピールするのか

2020年秋に発売が予定される「ヤリスクロス」(写真:トヨタ自動車)

トヨタ「ヤリス」が発表されたのは今年2月のことだが、2カ月後の4月にはそのSUV版となる「ヤリスクロス」が、ジュネーブ国際モーターショー開催中止を受け、オンラインで世界にお披露目された。

プレスリリースでは、「ヤリスの資質を継承する新たなSUV」と位置付けている。2020年秋に日本で、2021年の半ばに欧州で発売される予定だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

世界的にSUV(スポーツ多目的車)の人気が続いている。SUV人気を高めたのは、1997年のトヨタ「ハリアー」だが、これまでSUVは比較的大柄な車種を中心に広がってきた。それが、ここにきてコンパクトSUVと呼ばれる車種が充実し、人気を博している。

例えば、2019年3月に発売されたボルボ「XC40」は納車が追いつかないほどの受注を続けているし、同年11月に導入されたフォルクスワーゲン「Tクロス」も好調だという。ほかにも、アウディ「Q2」、ジープ「レネゲード」、フィアット「500X」、ルノー「キャプチャー」、シトロエン「C3エアクロスSUV」、プジョー「2008」、「DS3クロスバック」など、枚挙に暇がない。

国内においても、トヨタには人気の「C‐HR」があり、また昨年はダイハツ「ロッキー」とともに「ライズ」を発売し、わずか1カ月で販売目標の8倍近い3万2000台を受注している。

ヤリスクロスは、そうした激戦区でどのような戦力となっていくのだろう。

ヤリスより一回り大きな専用ボディ

ヤリスクロスに関する情報は、まだ限定的だ。十数枚の写真と、社内測定値による参考としての主要諸元、そして概要を記した若干の文章だけである。

デザインは「シンプルながらも、SUVならではの“ロバスト”(頑強さ)を表現した」と言う(写真:トヨタ自動車)

主要諸元から読み取れる車両概要では、ヤリスが日本の5ナンバー枠に入る小型車であるのに対し、ヤリスクロスは全長が24cm長く、全幅は7cm広くなって1.7mを超え、3ナンバー車となる。全高は、6cm高くなっているが、おそらく車体床下と地面との隙間である最低地上高が高められているからだろう。

SUVの場合、ジープのような4輪駆動車とは異なるものの、未舗装路も走れる性能が求められるので、舗装路を前提とした乗用車に比べて最低地上高を高めの設定としていることが多い。

そのうえで写真を見ると、ヤリスの車体をもとに最低地上高を高めただけでなく、ヤリスクロス専用の車体が用意されたように見える。

次ページ「ヤリスの資質を継承する新たなSUV」をうたうワケ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT