「ヤリスクロス」、C-HRやライズと異なる強み

激戦区のSUV市場でどこをアピールするのか

コンパクトSUVとして、フォルクスワーゲンには「クロスポロ」というTクロスの前身となる車種があったが、クロスポロ時代は「ポロ」の車体をそのまま使い、SUV風の雰囲気を与えたつくりであった。現在のTクロスは専用車種だ。

ヤリスが発売されてわずか2カ月余りの短期間で登場したヤリスクロスも、もしかしたらクロスポロと同じような様子かと最初は思っていた。

「アクアクロスオーバー」は「アクア」にSUV風のデザインを与えたモデル(写真:トヨタ自動車)

ハイブリッド車の「アクア」に、「アクアクロスオーバー」というクロスポロに似た車種があるからだ。だが、発表されたヤリスクロスを見てみると、ヤリスとは別ものとして開発されたようだった。

とはいえ、ヤリスで使われたTNGA(トヨタ・ニュー・グローバル・アーキテクチャー)のGA-Bと呼ばれるプラットフォームを活用しているので、開発の基本思想は同じだといえる。プレスリリースで「ヤリスの資質を継承する新たなSUV」といっているのも、そのためだろう。 

こうした展開は、現行の4代目「プリウス」がTNGAを初採用してフルモデルチェンジをしたあと、SUVのC‐HRがそのTNGAを生かして誕生したのに似ている。

基本思想を同じとしながら車種固有の魅力を加えたC‐HRは、感嘆するほど全方位に優れたSUVとして生まれ、一気に人気を高めた。先発のライバル、ホンダ「ヴェゼル」をしのぐ販売台数を堅持している。

そこから推察すれば、ヤリスクロスの潜在能力はかなり高いのではないか。ことに走行性能に関しては、ヤリスの評価が高く、それに通じる走りを満たしたコンパクトSUVとなっていると予測できる。

「C‐HR」や「ライズ」と食い合うことはないのか?

トヨタには、C‐HRという根強い人気のSUVがあり、また5ナンバーのライズもある。その中間といえるヤリスクロスは、どのような選択肢となっていくのだろう。トヨタのSUV同士で食い合いになってしまうことはないだろうか。

「ヤリスクロス」より一回り大きな車体と持つ「C-HR」(写真:トヨタ自動車)

ヤリスクロスは、C‐HRとライズの中間的な車体寸法を持つ。車庫の事情や用途などから、ヤリスクロスがちょうどいいという消費者は、当然いるだろう。

また、エンジンや駆動方式なども、互いに重なり合わないような絶妙の仕分けが行われている。

C‐HRはハイブリッド車とガソリンエンジン車があるが、4輪駆動を選べるのはガソリンエンジン車だけで、ハイブリッド車はFF(前輪駆動)のみとなる。ガソリンエンジンは、排気量が1.2リッターのターボエンジンだ。

次ページ「ハイブリッド+4WD」はヤリスクロスだけ
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT