スバル「新型レヴォーグ」乗って感じた超絶進化

第一印象は「塊感」!試乗でみえた変化とは?

スバルの2代目「レヴォーグ」が10月15日に正式発表される。それに先駆け、プロトタイプの試乗会に参加した(筆者撮影)

スバルのステーションワゴン「レヴォーグ」の2代目が登場した。水平対向4気筒の新開発1.8Lターボエンジンと80%の部品を新しくしたCVT(Continuously Variable Transmission/無段変速機)、そして随所に見直しを受けたスバルグローバルプラットフォーム(車体の土台)と高剛性ボディ(車体の上屋)をそれぞれ組み合わせた。スバルが誇る先進安全技術群「アイサイト」も大幅に進化。その名は「アイサイトX」だ。

東洋経済オンライン「自動車最前線」は、自動車にまつわるホットなニュースをタイムリーに配信! 記事一覧はこちら

新型レヴォーグの第一印象は、ずばり「塊感」。2019年の東京モーターショーで初対面した「レヴォーグプロトタイプ」とほぼ同じだ。

「これまでお客様からは“スバルのショーモデルはカッコイイけど、市販車になるとずいぶんおとなしくなって残念”と言われてきました。が、今回は失望させません。そのままのスタイルです!」。この言葉は、8月初旬に開催された「新型レヴォーグプロトタイプ試乗会」の取材会場で、説明を担当してくれた技術者の方々から幾度となく聞かれた。

大きな変化を遂げた車内環境

新型レヴォーグ(カッコ内は従来型)のスリーサイズは全長4755(4690)㎜×全幅1795(1780)㎜×全高1480~1500(1470~1500)㎜。全長で65㎜、全幅で15㎜ほど従来型よりも大きくなった。ホイールベースは2670(2650)㎜、前/後トレッドは1550(1530)㎜/1545(1540)㎜と、こちらも僅かに拡大。

見た目の塊感が増したのは、全長が少し伸び、タイヤがより四隅に踏ん張るようになったことに加えて、ボディ前後のフェンダー付近が立体的な造形になったからだ。装着タイヤサイズは215/50R17と225/45R18で、こちらは従来型を踏襲する。

ガラっとかわった車内環境(筆者撮影)

数値や見た目以上に大きな変化をみせたのは車内環境だ。一見すると、縦長11.6インチのセンターインフォメーション(新規採用)が大きな違いのように思えるが、従来型では中央上部に位置していたマルチファンクションディスプレイがなくなり(これまでの表示内容はセンターインフォメーションと12.3インチのフル液晶メーターに分散表示)、周辺のデザインがすっきりしたことで運転席からの視界もずっと広くなった。

エアコン吹き出し口にはじまり、各部には新しいデザイン処理が施されインパネ全体の圧迫感も格段に小さくなった。また、上半身を左側に大きく捻転させた際の視界も従来型以上にしっかり確保され、大きな鏡面をもつドアミラーの視認性も非常に高い。0次安全を大切にするスバルらしい造り込みだ。

次ページエンジンの進化は?
自動車最前線の人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 最新の週刊東洋経済
  • コロナ後を生き抜く
  • 住みよさランキング
トレンドライブラリーAD
人気の動画
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
面接や説明会で採用者が嫌う「9つのNG質問」
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
優秀なはずの上司の下で部下が育たない根本理由
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
海外マネー流入!外国人に買われた日本企業20社
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
男性も入れる?新業態『ワークマン女子』の中身
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
生前贈与がダメになる<br>相続の新常識

相続をめぐる環境が激変しています。年110万円まで非課税だった生前贈与が税制改正により認められなくなる可能性も。本特集では相続の基本から、よくあるトラブルと解消法、最新路線価に基づく相続税額、さらに生前贈与の将来動向まで取り上げました。

東洋経済education×ICT