ボーダーでも「おしゃれに見える人」の必殺ワザ

そのへんの服をパッと着ただけなのに…?

ボーダーのカットソーを使った3つのコーディネートを紹介していきます(イラスト:のどか)

白いTシャツ、ボーダー、ジーンズ、黒カシミヤニット。この4つ、皆さん、持っていますか?

とくに、「白Tシャツ」「ボーダー」「ジーンズ」の3つを着たことのない人はきっといないでしょう。黒カシミヤニットを持っていないという方も、黒のニットなら持っている人は多いと思います。

これら定番中の定番の服は、めちゃくちゃ着やすいがゆえに、「とりあえず着る」服にもなりがちです。「そのへんにあったボーダーを着ちゃったけど失敗したな……」と外に出た途端ドキドキした経験はありませんか?

でも、世のおしゃれさんたちは、これらの服はおしゃれをするときに絶対にマストだと口をそろえて言ってますね。これらがないとおしゃれが成立しない、主役にも名脇役にもなる服なんだそうです。

確かに、この4つをかっこよく着ている人は、おしゃれ上級者に違いありません。おしゃれな人たちは、なぜかこれらをおしゃれに着ているのです。

私の著書『ありきたりの服を着てるのに どうして私はおしゃれなんでしょうか?』では、これら4つの「とても着やすいけれど、失敗することも多い」服をおしゃれに着こなしている人たちに「なぜ自分がおしゃれなのか」を教えてもらっています。

各アイテム30人ずつ、計120人分あるので、コーデもたっぷりたくさんのパターンが試せます。女性を中心に、性別や、世代も問わず幅広く掲載しています。性別や年齢が違っても、ポイントは同じ。誰のコーデもマネできます(もちろん、彼や旦那さんに着せてもいいです)。今回は、その中からいくつかを抜粋してご紹介します。

ぜひ気に入ったコーデやできそうなものから始めてみてください。パッと着やすいこれらのアイテムを、朝悩むことなく自然におしゃれに着られたら、時間の節約にもなるし、自信がつくし、定番でユニクロにも売っているからお金も安くすむし、いいことづくしです。

次ページジャケットをあわせると…
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 子どもを本当に幸せにする「親の力」
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
消える仕事、残る仕事<br>1億人の「職業地図」

コロナ、AI、脱炭素――。私たちの雇用を取り巻く環境が激変しています。今後、どんな職業を選ぶかは死活問題に。2030年に向け「消える仕事」「残る仕事」36業種、「会社員の価値」がわかる9職種を掲載。本特集が職業を改めて考える機会になれば幸いです。

東洋経済education×ICT