シャンシャンが年内には日本を離れる3つの訳

「せめて直行便が飛ぶまでいてほしい」との声も

スミソニアン国立動物園からは飼育員と獣医師がベイベイに同行した。直行便だが成都までは約16時間の長旅だ。飛行機には、主食の竹66ポンドのほか、リンゴ、ナシ、サツマイモなど、ベイベイのお気に入りのおやつも積み込んだ。ベイベイは成都の空港に着くとCCRCGPの雅安碧峰峡基地へ運ばれ、そこで約30日間、隔離されて検疫を受けた。6~7歳で性的に成熟したら、繁殖プログラムに参加する予定だ。

シャンシャンはこれから中国へ出発するまでの間、輸送ケージに入って、慣れる訓練をする必要がある。さらに、出国前は検疫がある。検疫の期間は国・地域によって異なる。海外では1カ月未満のケースもあるが、近年の日本では1カ月間となっている。

アドベンチャーワールドで生まれ、2017年6月5日に中国へ旅立った海浜、陽浜、優浜が公開されたのは4月30日まで。5月1日〜6月3日の検疫期間中は、健康チェックと感染症予防のために屋内で暮らし、非公開となった。ただ、このパンダ舎の外壁の半分近くは透明になっている。検疫期間中も、来場者はそこからパンダの様子を垣間見ることができた。

検疫中は観覧できるかどうかわからない

王子動物園は、タンタンの検疫を全面ガラス張りの室内で実施する予定だ。中国側と協議して、検疫中でもタンタンを観覧できるようにしている。

シャンシャンの検疫期間も1カ月間で、室内で行う予定だ。検疫中も観覧できる見通しだが、まだ決まっておらず、検疫機関の判断による。シャンシャンが年内に中国へ行くとなると、日本にいる期間は残り3カ月を切っている。12月31日はあくまで期限なので、この日より早く旅立つ可能性もある。

クリスマスや大晦日の前後は荷物の量が増えて、輸送リスクが高まると判断し、早めることも考えられる。もし検疫中に非公開となれば、観覧できる期間はさらに短くなるだろう。シャンシャンとの別れの日が近づいている。

関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT