学校の先生を「味方にする親」の絶妙な"言い方"

リクエストとクレームの違いがわかりますか?

わが子の学校生活をよりよいものにするためには、教師と適切な関係づくりが重要です(EKAKI / PIXTA(ピクスタ)
学校の先生方にとって、保護者や地域の方からのクレーム対応は、悩ましい問題です。
「教師を支える会」を主宰し、『いい教師の条件』の著者である諸富祥彦氏に「保護者と先生とのよりよい関係づくり」について、保護者として具体的にどんなことに注意すべきかを聞いてみました。

要望、先生にどう伝えていますか?

保護者から先生にお願いをしたい、多くの保護者が経験されたことがあると思います。そんなときに効果的なポイントがあります。それは、「抽象的な要望ではなく、具体的な行動レベルのお願いをすること」です。

例えば、口頭で言われただけでは何が宿題に出されたのか理解しづらい、さらに宿題を書いてある板書を書き写すのにも時間がかかる、といったお子さんの場合。

そんな中学1年生のお子さんをおもちのある保護者の方は、担任の先生に対して、次のような「具体的な行動レベルのお願い」をしてうまくいきました。

「うちの子は板書されたものを書き写すのに時間がかかってしまいます。先生にお願いがあるんですけど……それぞれの教科の先生が出された今日の宿題をまとめて、教室のうしろの黒板に書いていただいて、放課後までそのまま板書を残しておいていただけませんか。子どもには、時間をかけてでも書き写すようにさせますから」

保護者から教師へ、具体的な行動レベルのお願いをしたわけです。これでお子さんは「宿題をしない子」から「毎日宿題をする子」に変わることができました。

次ページできる先生とダメな先生の違い
関連記事
トピックボードAD
キャリア・教育の人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT