リモート勤務が当然になった人々が起こす激変 移動不要で時間効率化だけでなく国境も越える

印刷
A
A

これほど大きな変化がこれほど短期間のうちに起きたのは、人類の歴史で初めてのことだったと言っても過言ではありません。

(注)正確に言えば、テレビ会議は専用回線を用いて高画質の画像を送る場合であり、ここで述べているものは、「オンライン動画会議」というべきでしょう。

リモートは、コロナ感染拡大によってやむをえずに導入された面がありますが、実際にやって見ると、多くのことをわれわれに気づかせてくれました。

まず、これまでごく普通のこととして行っていた「移動」の多くが無駄であったことがわかりました。

また、都心にオフィスを構えるのが無駄であることもわかりました。仕事を進めるために、移動や都心のオフィスは、不可欠の要素ではなかったのです。

打ち合わせや相談、調整などは、もっと効率的に行える。そして楽に行えるということがわかったのです。

これまでは、リアルとリモートについて「どちらが正確に意思疎通できるか?」「どちらが効率的か?」といった基準で客観的に評価していませんでした。そうではなく、「これまでと違うものかどうか?」で、惰性的に判断していただけだったのです。そのために、非効率なものが残っていたのです。

「リモート」は、コロナ後の世界における「ニューノーマル」の重要な要素となるでしょう。これに対応できる企業や個人が、新しい社会を築いていくことになります。

リモートとは、「リアルタイムと双方向性」

ここで、「リモート」が何であるかの概念整理を行っておきましょう。

具体的な形態として念頭にあるのは、Zoomなどのテレビ会議です。

その特徴は、リアルタイムであり、双方向であることです。

これによって、相手の反応を、感情的な要素も含めてすぐに捉えることができます。

そして、リアルに対面しているのとほとんど同じ状態を実現できます。

この定義によると、「手紙」はリモートではありません。一方向的であり、リアルタイムな反応がわからないからです。

「電信」は、手紙のスピードを早くしたものです。その効果はもちろん絶大だったのですが、一方向的であり、また、相手の反応をリアルタイムで捉えることができないという点で、ここでいう「リモート」ではありません。

次ページ人類最初のリモート手段は電話
政治・経済の人気記事
トピックボードAD
関連記事
トレンドライブラリーAD
連載一覧
連載一覧はこちら
人気の動画
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
日野自動車「データ改ざん」による重すぎる代償
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
工場が消える!脱炭素が迫る最後の選択
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
ファミマと伊藤忠が狙う「セブン-イレブン1強体制」打破の勝算
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
マンションで急増「宅配ロッカー」が突く新課題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
会員記事アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
トレンドウォッチAD
  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT