若いあなたが将来「不健康」になりかねない危機

超長寿時代、日本人の身体と社会構造が心配だ

現役世代の健康状態を見ると将来が心配になってくる(写真:xiangtao/PIXTA)
「日本=長寿国」というイメージに反して、今の現役世代の身体データを見ると、その人たちが高齢者となったときに心配な姿が見えてくる。
さらに、ここに「人口減少」などの社会変化が加わると、ますます将来の日本人の健康レベルは危機的状況に。『100年時代の健康法』著者・北村明彦氏が解説する。

全労働者中「1割」が高齢者

最新のデータでは、日本人の平均寿命は女性が87.3歳、男性が81.3歳です。2050年には女性の平均寿命が90歳を突破するとされ、「人生100年時代」は本当に目の前です。

しかし、全員が90年近くを健康な状態でフルに生きられるわけではありません。「長く生きる=不健康な期間が長くなるだけ」かもしれない将来を思わせるデータが、続々と上がってきているのです。

内閣府の調査によると、労働人口に占める高齢者の割合は右肩上がりに増えていて、2016年には労働人口6673万人のうち、65~69歳の人が450万人。70歳以上も336万人いて、日本で働く人全体の約10%は高齢者です。

一見、元気な高齢者が増えているようですが、医療機関を受診する人は後期高齢者で約73%と高水準です。

では現役世代はどうかというと、定年の延長が叫ばれているにもかかわらず、高齢者以上に心配な実状が見えてきます。

体が衰えないためには筋力が重要ですが、「歩数」はその筋力を保つ重要なバロメーターです。

ここ15年間の歩数の推移を見ると、70歳以上では微増か横ばいとなっています。しかし、69歳以下の数字を見ると、すべての年代で歩数が減っています。とくに若い人が歩かなくなっているのです。

20代男女では、共に約10%近く歩数が減っており(男性:8925歩→7904歩、女性:7185歩→6711歩)、30代でも同様の傾向です。

運動習慣を持つ人が若い人には多いですが、それは週に1、2度のこと。また、テレワークが推奨され、通勤で稼げていた歩数も減っています。日常の運動量としては減少傾向にあるといっていいでしょう。

次ページ「力のない子」が大人になる
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 世相をリアルに映し出す 流転タクシー
  • 看取り士という仕事
  • 就職四季報プラスワン
  • 最新の週刊東洋経済
トレンドライブラリーAD
人気の動画
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
ANAとJAL、国内線で競り合う復活レースの熾烈
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
富裕層、世代でまったく異なる「お金の使い方」
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
サイゼリヤが「深夜営業廃止」を決断した裏側
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
話題の「30分で絵を描く」秘訣、驚くほど簡単4手順
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
メタバース革命が始まる<br>全解明 暗号資産&NFT

不正流出事件から4年。復活不可能に見えたビットコイン相場は米国主導で活況を取り戻しました。暗号資産を使ったNFTの購入、そしてNFT取引が広がるメタバースにもビジネスの機会が広がっています。日本は暗号資産とどう向き合うのでしょうか。

東洋経済education×ICT