上海に上陸したヤマト「宅急便」、夢はアジアの“黒猫”《中国を攻める》

とはいえ中国の人口は日本の10倍以上。ヤマトは日本市場も潜在需要の掘り起こしでまだ伸びると見ているが、爆発力なら圧倒的に中国だ。成功すれば「香港に本社を移すこともありうる」と瀬戸社長は構想する。

ヤマトは上海と同じ1月にシンガポールでも営業開始した。マレーシアやタイなど周辺国とも交渉中だ。宅配便がアジアに根付けば、通販業者など日系企業はアジアに進出しやすくなる。それを見込んで、ヤマトは845億円で10万平方メートル、国内最大級の複合ターミナル建設用地を羽田に取得済み。日本と中国、東南アジア主要都市をつなげたとき、ヤマトはアジアの“黒猫”に変貌する。

■ヤマトホールディングスの業績予想、会社概要はこちら

 

 

(撮影:今井康一 =週刊東洋経済2010年2月20日号)

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 近代日本を創造したリアリスト 大久保利通の正体
  • ほしいのは「つかれない家族」
  • 赤木智弘のゲーム一刀両断
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
AOKI、コロナ禍で売れた「パジャマスーツ」で描く復活戦略の要諦
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT