上海に上陸したヤマト「宅急便」、夢はアジアの“黒猫”《中国を攻める》

「採用面接では上海市民を装う地方出身者の偽造IDを見破ることに腐心している」と同社幹部。地元業者が旧正月に1週間も2週間も平気で休むのは、地方出身のドライバーが旧正月に帰省で長期休暇を取るからだ。

最大の難関は“価格” なるかCtoC上陸作戦

交通事情も日本と異なる。上海市民には交通弱者を保護する意識がない。雅瑪多はドライバー研修で日本同様に指呼確認を徹底するが、自動車、バイク、自転車、歩行者が入り乱れての信号無視が横行するなど交通事情の劣悪さは想像を絶する。

大衆佐川はドライバー研修の徹底や日々の注意喚起で、「他社と比較して交通事故は少ないほう」(同)だが、開始当初は事故が絶えなかった。

住宅事情も違う。警備の厳しい上海の「社区」(団地)では、荷物はいったん駐在員(管理人)が預かり、住人は駐在員からの連絡を受けて警備室に取りに行く。また、駐在員とは別に、荷物の取り次ぎを生業にしている者もいて、遮断機付きゲートの付近を絶えずうろうろしている。

これら独特の風習は、ドア・トゥ・ドアの日本同様の宅配便を展開するうえで障害になっている。進出7年目の大衆佐川のトラックですら、今でも団地ゲートの中に入れたり、入れなかったりしているという。

最大の難関は料金体系が上海市民に受け入れられるか、だ。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 西村直人の乗り物見聞録
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
トレンドライブラリーAD
人気の動画
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
スバリスト、トヨタ購入者とまったく異なる嗜好
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
実家が迷惑施設化「7戸に1戸空き家」日本の大問題
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
持たざる国・日本に大激震<br>エネルギー危機が来る

脱炭素の移行期に化石燃料の争奪戦が勃発。天然ガスの価格は歴史的な急騰を記録しました。余波はサプライチェーンの混乱から世界経済の後退懸念、原発待望論まで広がります。資源小国の日本が生き残る道はあるのでしょうか。

東洋経済education×ICT