上海に上陸したヤマト「宅急便」、夢はアジアの“黒猫”《中国を攻める》

雅瑪多は最低料金こそ20元(1元16円換算、320円)と東京の半値以下だが、荷物が大きくなるにつれ東京よりやや安い程度(下表参照)。中国郵政とは最低価格は同じ。重くなるにつれて格段に安くなるが「上海市内に送るのに割高の郵政を使う上海市民はいない」(大衆佐川幹部)。 

 地元業者の相場は荷物1個当たり5元(80円)~7元(112円)。最近、地元業者同士で話し合って7~9元(144円)に引き上げたが、価格以外での差別化が難しく、また最低5元に戻るのは「時間の問題」(同)とにらんでいる。

今のところ、大衆佐川は中国郵政より少し安い程度なのに、地元業者との価格競争には巻き込まれていない。が、日通総合研究所の陳麗梅主任コンサルタントは、「中国人は価格にシビア。中国の宅配市場は甘くない」と警告する。

ヤマトの瀬戸社長も「単価競争になりにくい潜在市場を狙っている」と涼しい顔の一方、「需要価格というのはつかみにくい。料金体系が受け入れられるかは心配」と不安な一面ものぞかせる。

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、「新しい日常」への前進
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • 就職四季報プラスワン
  • 見過ごされる若者の貧困
トレンドライブラリーAD
人気の動画
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
早慶上理・MARCH・関関同立、少子化でどうなる?
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
築40年超「老朽マンション」丸ごと建て替えの大問題
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
山手線2日間運休「渋谷駅大工事」何をどう変えた
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
「料理が突然、上手になる」たった1つの簡単秘訣
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
日米の躍進銘柄を総まくり<br>発掘! 未来の成長企業

米国の株式相場上昇に目を奪われがちですが、日本でも未来を牽引する成長企業は確実に育っています。本特集では「新興成長企業」や「トップの通信簿」などのランキングを掲載。GAFAMやメルカリの次の新主役を探しましょう。

東洋経済education×ICT