アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

「さあ、才能に目覚めよう」が2週連続で1位に

『LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界』の順位が急上昇しました(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、9月13日~19日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

「LIFESPAN(ライフスパン)」が順位急上昇

今週(9月13日~19日)のランキングでは、『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)が2週連続で1位に輝いた。アマゾンによると、毎日安定して注文が集まっていることに加え、特定カスタマーによるまとめ買いも影響しているという。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位は、初登場の『世界のお金持ちが実践するお金の増やし方』(高橋ダン著、かんき出版)がランクインした。発売日が影響している模様だ。

3位は、前週106位だった『人新世の「資本論」 (集英社新書)』(斎藤幸平著、集英社)がランクインした。こちらも発売日が影響しているという。

前週118位から11位に急上昇したのが、『LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界』(デビッド・A・シンクレア著、東洋経済新報社)だった。発売日の影響に加え、東洋経済オンラインの記事「「老害」が組織をダメにするという根本的誤解」の反響があったという。

次ページ以降、198位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT