アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

トム・ラスの「さあ、才能に目覚めよう」が1位に

「ニトリの働き方」の順位が急上昇しました(画像:Fast&Slow / PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、9月6日~12日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

「ニトリの働き方」が順位急上昇

今週(9月6日~12日)のランキングでは、前週3位だった『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう 新版 ストレングス・ファインダー2.0』(トム・ラス著、日本経済新聞出版社)が1位に輝いた。引き続き、毎日安定して注文が集まっているという。

『さあ、才能(じぶん)に目覚めよう』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位は、前週も2位だった『発達障害サバイバルガイド 「あたりまえ」がやれない僕らがどうにか生きていくコツ47』(借金玉著、ダイヤモンド社)がランクインした。「ダイヤモンドオンライン」で記事が掲載されたことが影響している模様だ。

3位は、前週5位だった『FACTFULNESS(ファクトフルネス) 10の思い込みを乗り越え、データを基に世界を正しく見る習慣』(ハンス・ロスリング著、日経BP)がランクインした。安定して注文が集まっているという。

前週213位から17位に急上昇したのが、『ニトリの働き方』(似鳥昭雄著、大和書房)だった。『日本経済新聞』に広告が掲載されたことが影響した模様だ。

次ページ以降、200位までのランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1位~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • ボクらは「貧困強制社会」を生きている
  • 若者のための経済学
  • 本当に強い大学
トレンドライブラリーAD
人気の動画
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
パチンコホール「ガイア」店舗撤退で大激変する勢力図
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
地方スーパーが撃沈「コスモス薬品」の破壊力
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
ネットで生卵がメチャメチャ売れる驚きの理由
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
やる気を削がれる人と奮起する人の決定的な差
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
サプライズと配当成長株で勝つ<br>株の道場 成長先取り編

菅首相の退陣決定を受け、東証株価指数が31年ぶりの高値へ急騰。日経平均株価も3万円を超えました。本特集では9月17日発売の『会社四季報』秋号を先取りし、上方修正期待の大きいサプライズ銘柄を抽出。株価上昇を享受する方法を会得しましょう。

東洋経済education×ICT