アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

三崎優太氏の「過去は変えられる」が1位を獲得

前週11位の「LIFESPAN(ライフスパン)」が2位になりました(画像:YAMATO/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、9月20日~26日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

「LIFESPAN(ライフスパン)」が2位に

今週(9月20日~26日)のランキングでは、前週52位だった『過去は変えられる』(三崎優太著、扶桑社)が1位に輝いた。アマゾンによると、著者キャンペーンが影響しているという。

『過去は変えられる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位は、前週11位だった『LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界』(デビッド・A・シンクレア著、東洋経済新報社)だった。毎日安定して注文があり、「中田敦彦のYouTube大学」で取り上げられたことによる影響があったという。

3位は、前週も3位だった『人新世の「資本論」 (集英社新書)』(斎藤幸平著、集英社)がランクインした。著者イベントが影響した模様だ。

前週87位から13位に急上昇したのが、『アイデアのつくり方』(ジェームス W.ヤング著、CCCメディアハウス)だった。特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 日本野球の今そこにある危機
  • ブックス・レビュー
  • 野口悠紀雄「経済最前線の先を見る」
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT