アマゾンで「売れているビジネス書」ランキング

三崎優太氏の「過去は変えられる」が1位を獲得

前週11位の「LIFESPAN(ライフスパン)」が2位になりました(画像:YAMATO/PIXTA)

アマゾンの協力のもと、毎週配信している週間(日曜日から土曜日まで)アマゾン「ビジネス・経済書」ランキング。本記事でお届けするのは、9月20日~26日のランキングだ。

なお、「前週順位」については前週に発売されて初登場する書籍については「NEW」と記載、前週順位が1000位以下だった場合には「-」と記載している。

「LIFESPAN(ライフスパン)」が2位に

今週(9月20日~26日)のランキングでは、前週52位だった『過去は変えられる』(三崎優太著、扶桑社)が1位に輝いた。アマゾンによると、著者キャンペーンが影響しているという。

『過去は変えられる』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします)

2位は、前週11位だった『LIFESPAN(ライフスパン): 老いなき世界』(デビッド・A・シンクレア著、東洋経済新報社)だった。毎日安定して注文があり、「中田敦彦のYouTube大学」で取り上げられたことによる影響があったという。

3位は、前週も3位だった『人新世の「資本論」 (集英社新書)』(斎藤幸平著、集英社)がランクインした。著者イベントが影響した模様だ。

前週87位から13位に急上昇したのが、『アイデアのつくり方』(ジェームス W.ヤング著、CCCメディアハウス)だった。特定の要因はなく、安定して注文が集まっているという。

次ページ以降、199位までの200冊ランキングを紹介する。「次に読む1冊」を探すための参考にしてほしい。

次ページまずは1~50位!
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • スージー鈴木の「月間エンタメ大賞」
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナでもブームは過熱中<br>不動産投資 天国と地獄

家計のカネ余りを背景に、マンションやアパートなどへの投資熱は冷める気配がありません。しかし、不動産投資にリスクはつきもの。先行きが見通せない状況で、何が優勝劣敗を分けるのでしょうか。現場の最前線を追いました。

東洋経済education×ICT