最新「CSR企業ランキング」金融トップ30

1位日本興亜、三菱UFJは4位、地銀で滋賀が健闘

以下、3位に損害保険ジャパン(275.8点)、4位三菱UFJフィナンシャル・グループ(270.4点)、5位東京海上ホールディングス(270.1点)と続く。

上位は保険業が多い。メガバンクは4位の三菱UFJフィナンシャル・グループ、地銀では20位の滋賀銀行(227.8点)がトップ。証券は12位野村ホールディングス(253.1点)、その他金融は10位リコーリース(260.2点)がトップだった。

製造業とは違う土俵でCSR推進を

日本では、「CSRの中心テーマのひとつは環境活動」というイメージが依然強く、金融機関がこの分野で大きな貢献をすることは簡単ではない。金融機関のCSR活動は、製造業とは違った土俵で、各社の得意分野に絡めた取り組みを行うことが望ましいだろう。

たとえば、地方銀行なら本業を生かして、地元の活性化を図るといったことなどが考えられる。それぞれの業種にあったCSRを進めていくことが、結果的に日本のCSR活動の発展に結び付くはずだ。

■CSR企業総覧

企業評価の新たな視座として浸透してきたCSR(企業の社会的責任)。上場企業をはじめ有力1210社におけるCSRの取り組みを、国内最大規模のデータベースから各企業個別に紹介した、日本で唯一の刊行物。

紙版はこちら       データ版はこちら 

 

ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • コロナ後を生き抜く
  • 越湖信一のスーパーカー列伝
  • トクを積む習慣
  • 精神医療を問う
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
悪用された「ドコモ口座」<br>セキュリティーに3つの問題

「ドコモ口座」を使った預金の不正引き出し事件。背景としては、回線契約がなくても口座が使える「ドコモ口座」自体と、安全性の脆弱なシステムで口座接続していた銀行側の双方に問題がありました。情報漏洩の経路も不明で、今後の対応が問われています。

東洋経済education×ICT