最新「CSR企業ランキング」未上場トップ20

1位富士ゼロックス、4位サントリー、7位日本IBM

首位は、富士ゼロックスが獲得。サントリーHDは4位にランクイン。大型買収で企業のグローバル化も進みそうだ(写真はサントリーHDの佐治信忠会長兼社長、撮影:尾形文繁)

「信頼される会社」を、複数の指標から算出する東洋経済のCSR企業ランキング。今回は未上場企業のCSR企業ランキング上位20社を紹介する。なお、ランキングは財務データを除き作成している(ポイント算出方法など、ランキング全体についての解説はこちら

※最新のCSR関連ランキングはこちら
総合ランキング部門別ランキング  業種別ランキング
金融機関ランキング

環境やCSR調達など幅広い取り組みが結実

1位は富士ゼロックスで、総合得点273.4点。部門別には、人材活用86.8点(全体61位)、環境97.1点(同11位)、企業統治+社会性89.5点(同118位)だった。

高評価だったのは環境分野だ。環境パフォーマンスデータの開示はもちろんのこと、第三者審査を受けた環境ラベルの実施、事業所での太陽光発電の導入など幅広く活動を行っている。

CSR調達にも積極的だ。理念や目的共有のための取引先向け説明会の開催やマネジメント・ガイドラインやCSRセルフチェックリストの展開、取引先訪問などサプライチェーン全体での取り組みも進めている。

 さらに、社員のボランティア組織「端数倶楽部」と連携して80カ所以上のNPO・NGOに資金支援をするなど、社会貢献活動も活発。こうした取り組みで企業統治+社会性も高得点を得た。

次ページサントリーとリクルートの順位は?
ビジネスの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 不安な時代、不機嫌な人々
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
  • フランスから日本を語る
  • iPhoneの裏技
トレンドライブラリーAD
人気の動画
東芝、会社「3分割」に残る懸念
東芝、会社「3分割」に残る懸念
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
節約志向で「安い食品ばかり買う」人の重大盲点
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
百貨店の最終兵器「外商ビジネス」が抱える難題
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
EVの切り札?夢の「全固体電池」は何がスゴいのか
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
「非財務」で生きる会社、死ぬ<br>会社 企業価値の新常識

今や株価を決める最大の要因は「非財務情報」というのが世界の常識に。優れた開示を行えば企業価値の向上につながる一方で、開示が不十分だと株を売られるリスクも。企業価値の新常識をめぐる混乱とその対処法に迫りました。

東洋経済education×ICT