「小さな目標を作れる人」が結局、幸せになる訳

猪狩ともか「誰でも"前向き思考"に変われます」

猪狩ともかさんの「前向き思考」を作る大きなきっかけになった「小さな目標の作り方」を紹介します(撮影:西邑泰和)  
東京都より「パラ応援大使」に任命され、「東京2020パラリンピックの成功とバリアフリー推進に向けた懇談会」メンバーでもある、「仮面女子」のアイドル、猪狩ともか。
彼女は26歳のある日、強風で倒れてきた看板の下敷きになり、脊髄損傷を負って、以後、下半身不随に。歩くことはもちろん、自力で立つことさえできなくなった。
絶対安静の状態からリハビリを経て、車椅子に乗りながらアイドル復帰を果たし、現在は、NHK Eテレ『パラマニア』にレギュラー出演するなど、活動の場を広げている。
初の著書『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』が『スイモクチャンネル』(BS-TBS、8月20日放送)や『大竹まこと ゴールデンラジオ!』(文化放送、8月21日放送)でも紹介され、反響を呼んでいる猪狩ともかさんは、いったいどのようにして「前を向く」ことができたのか。
彼女の「前向き思考」を作る大きなきっかけになった「小さな目標の作り方」を、本書を再編集して紹介する。 

事故から2週間、「今後の目標」を考えるようになった

「自分の脚で歩くことができない。一生、車椅子生活になる」

『100%の前向き思考――生きていたら何だってできる! 一歩ずつ前に進むための55の言葉』(書影をクリックすると、アマゾンのサイトにジャンプします。紙版はこちら、電子版はこちら。楽天サイトの紙版はこちら、電子版はこちら

私がその事実を知ったのは、事故から1週間ほど経ち、ICU(集中治療室)病棟からHCU(高度治療室)病棟に移った頃のことでした。

それまでは正直、事の大きさを理解できていませんでした。「リハビリを頑張れば必ず治る」とばかり考えていました。家族も私にそれをいつ告げるか、悩んでいたようです。

「治る未来」しか想像したくないけど、もし治らない可能性が高いなら、嫌でも車椅子人生をどう生きていくか、考えなくてはいけない

しかし、そうはいっても、すぐには「自分の車椅子人生像」なんて考えられません。

「前向きな気持ち」になれないまま、事故から2週間たった頃、やっとケガの状態も落ち着きつつあり、リハビリが本格化してきた頃から、私は日々の思いをつづっているノートに、少しずつ「今後の目標」を書き始めました

「できると思って立てた目標」が、実際は高すぎて思いどおりにいかないこともありました。「無理な目標」を頑張りすぎて、落ち込むことも……。

いろいろ考えて、無理のない、でも前向きになれるような「目標」をたくさん作っていこうと、工夫をしていきました。

初めて自分で車椅子に乗って洗面所まで行って、歯磨きができたときは、ちょっと感動しました。そうやって「できること」を1つずつ増やしていくことが、「前向き思考」につながることに気づいたのです。

ここでは、私なりの「目標の立て方」について、4つの秘訣を紹介したいと思います。

次ページまずは、目標を「言葉」にする
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • ポストコロナ時代の人づくり最前線
  • あの日のジョブズは
  • 就職四季報プラスワン
  • ポストコロナのメガ地経学ーパワー・バランス/世界秩序/文明
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
菅新政権が誕生しても<br>「安倍時代」は終わらない

牧原出氏執筆の連載「フォーカス政治」。9月16日に菅新首相が誕生しましたが、施策の基本線は「安倍政権の継承」。惜しまれるように退任し、党内無比の外交経験を持つ安倍前首相は、なお政界に隠然たる影響力を保持しうるとみます。その条件とは。

東洋経済education×ICT