「小さな目標を作れる人」が結局、幸せになる訳

猪狩ともか「誰でも"前向き思考"に変われます」

1つ目は「目標は『言葉』で表す」こと。自分の今までを振り返ってみると、本当に「言葉の力」に助けられてきたことを強く実感します。

「言葉のパワー」「言霊」でチャンスを引き寄せる

【1】目標は「考えるだけ」でなく「言葉」で表す

「言葉にすること」で思いが強まるってことありませんか? 

例えば「最近気になる人がいて……」と誰かに話したら、思いが強くなって本当にその人のことを好きになったり。

遊びに行く予定があって「楽しみだね!」と友達と話していると、行くことがもっと楽しみになったり。

「言葉にすることで、気持ちも動いてしまう」というところがあると思うんです。つらい思いも言葉にすると、倍増してしまいそうな気がするので、私の場合、つねにポジティブな言葉を発信するようにしています。

自分で立てた「目標」も同じです。目標もどんどん「言葉に出す」ことで、実現に向かう、そんな気がしています

2019年、新年のブログに「番組のレギュラーをとりたい!」と目標を書いてみたら、早速実現してビックリしたことも!

だからこそ「明るい言葉」「肯定的な言葉」を発信したい。これからも「言葉のパワー」「言霊」を使って、いろんなチャンスを引き寄せていきたいです。

【2】目標は「4段階」に分けて考える

私の目標の立て方は「4段階の目標」を立てるというものです。

「大きな目標」(最終目標)をまず立てます。そして、それに向かって何をすべきかを、「長期」「中期」「短期」の3つに分けて設定するのです。

入院中、実際に私が立てていた目標は次のとおりです。

最終目標:歩く!!(事故に遭う前の、元どおりの生活)
長期目標:仕事に復帰! 作詞家として活動 自立して日常生活を送る
中期目標:生活リズムを整える 身体を柔らかくする 上半身の筋力アップ 鉄分を摂って貧血を治す! 女子力アップ! 車椅子スキルアップ! 
短期目標:一般病棟に移動する! 看護師さんや周りの人の名前を覚える!

そして、目標は一度立てたものをそのままにせず、時々見返して必要に応じて修正したり、立て直したりしていました。

実は、管理栄養士の専門学校のときの授業で「長期・中期・短期の目標を立てる」「必要に応じて見直しをする」というのをやっていたのです。

目標を立てておくことで、やっぱりやる気が出るし、今の自分に足りないこと、やるべきことが明確になります。「復帰」という目標があるから、リハビリも頑張ることができました

次ページ目標は「3つのケース」を想定しよう
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
正規と非正規「格差訴訟」<br>判断が分かれた最高裁判決

非正規労働者が年末年始の待遇や病気休暇などについて正社員との格差是正を訴え、最高裁は格差は不合理で違法とする判決を出しました。一方で賞与や退職金についての格差是正はほぼ全面的に退ける判決も。非正規労働者の待遇は改善するのでしょうか。

東洋経済education×ICT