17歳娘を殺された父が15年後もブログを綴る訳

未解決事件が13年後に犯人逮捕、無期懲役確定

あの日以来、忠さんは10月全体が嫌いな月になったし、毎月5日もつらい日になってしまった。聡美さんの誕生日である7月4日には、生きていたらどんな生活をしていたか思いを巡らせる日記を必ず書く。5日という日は、その翌日にやってくる。

毎月ですが、必ず5日という嫌な日が来ますけど とくに7月は、余計に何とも言えない気持ちとなります。
昨日が娘の誕生日で、普通の家庭なら?楽しいばかりの時間を過ごし 特別な思いを持たないで、5日という日となります。
そんな生活が一瞬の出来事?により、滅茶苦茶となりもう普通の生活に戻れず、辛く哀しい想いとなる日が増えるのは何とも言えません。
(2015年7月5日、「7月の月命日」より)

犯人逮捕は事件の生々しい情報との出合いを意味した

犯人逮捕の報せは、2018年4月13日の朝に突然飛び込んできた。隣の山口県で暴行事件を起こして検挙された男の指紋やDNA型が、聡美さんの現場に残されたものと一致したという。

事件発生から13年と6カ月。ずっと待ち望んだ出来事が不意に訪れた。しかし、ブログに残る忠さんの筆致は冷静だ。

2018年4月13日、容疑者が逮捕されたときの日記(画像:ブログ「SA・TO・MI ~娘への想い~」より)
皆さんもニュースでご存知でしょうけど 今朝、事件の容疑者が逮捕されました。
(略)
娘への報告「事件が解決したよ」と私の胸の中で伝えましたが「守る事が出来ないで、ごめんなさい」という想いの方が大きいですし これからも、この想いは持ち続けるでしょうね。
(2018年4月13日、「容疑者を逮捕」より)

当初は誤認逮捕という可能性が脳裏をよぎっていたのもある。加えて、これから犯行の背景などの真実がどれだけ明らかになるかは未知数だし、最終的に望む判決が下されるとも限らないという懸念もあった。少なくともゴールした喜びのようなものはなかった。あるのはかすかな安堵くらいだった。

実際、犯人逮捕は13年前の嫌な記憶を掘り起こされて補強される始まりだったともいえる。同月24日には犯人を引き連れた現場検証が行われ、犯人が聡美さんの部屋に足を踏み入れた。そのとき忠さんも家にいた。

我家へは、二度と来て欲しくない人間です。
でも再度見た時には、嘘偽りの無い事を話せ!と思うというより命令したいです。
それと娘の部屋ですが、今でも前と同じように残していますが 事件が解決した時に、加害者に見せるためでは無いです。
(2018年4月25日、「二度と来るな」より)
次ページ1カ月後に犯人は起訴され、公判を待つ状況に
関連記事
トピックボードAD
ライフの人気記事
  • 本当に強い大学
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • 映画界のキーパーソンに直撃
  • Amazon週間ビジネス・経済書ランキング
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
コロナ時代の勝者と敗者<br>不動産 熱狂の裏側

実体経済の悪化を尻目に、国内外から熱い視線が注がれる日本の不動産。業界の雰囲気とは対照的に、上場不動産会社の株価は軒並み軟調です。コロナ後の新常態で誰が笑い、誰が泣くのでしょうか。現場の最新情報を基に不動産市場の先行きを展望します。

東洋経済education×ICT