中1いじめ自殺「言われて一番嫌だった言葉」

ノートの最後に本当に小さな文字で…

中学1年生の少年がいじめで自ら命を絶った(写真:mits / PIXTA)
8月19日、青森県で、中学1年生の男子生徒が自ら命を絶った。亡くなる前に男子生徒が書き残したメモには「いじめがなければもっと生きていたのにね、ざんねん」と書かれていた。亡くなった生徒の母親は「今は何も手につかなくて」と話し声をつまらせる。少年の死を止めることはできなかったのか──

悔やんでも悔やみきれない

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

12歳の、まだ幼さが残るほんの少年だった。

2学期の始業式を3日後に控えた8月19日未明、母親は少年と言葉を交わした。

「深夜2時ごろかな、誰か廊下を歩いてトイレに行く音が聞こえました。ドアを開けてのぞくと息子がいました」

今は何も手につかなくて……と、やっとのことで口を開く憔悴しきった母親に、質問を投げかけることが心苦しい。

──お腹が痛いんだよ。

──薬を飲む?

──もう少しトイレで頑張ってみる。

──我慢できなかったらお母さんのところにおいでね。

それが最後の、母と息子の会話になってしまった。

「何であのとき、寝ちゃったんでしょう……」

悔やんでも悔やみきれない後悔の念が、言葉ににじむ。

少年・聡志くん(仮名)の家は農業を営んでいる。自宅の敷地内には畑と小屋がいくつもある。両親の朝は早く、その日も午前5時ごろに起き仕事の準備をしていたという。

「トイレを見ても部屋を見ても、息子がいなくて、外の小屋の前にノートが置かれていたんです。すごく嫌な予感がして……。主人に見に行ってもらいました」

次ページ聡志くんは…
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 新競馬好きエコノミストの市場深読み劇場
  • コロナショック、企業の針路
  • 「非会社員」の知られざる稼ぎ方
  • 就職四季報プラスワン
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
銀行 地殻変動<br>先で待つ「不良債権地獄」の恐怖

コロナ危機を受け、銀行は政府の支援の下、積極的に「傘」を差し出し、融資をしています。しかし融資先には「危ない企業」も含まれ、下手をすれば不良債権によって屋台骨を揺るがしかねません。自ら大きく変わり始めた銀行の近未来を占います。