驚愕!男性教師「スクールセクハラ」の実態

増加する、男子生徒へのわいせつ行為

いちばん傷ついているのは子どもです(写真 :Graphs / PIXTA)

勉強の相談をするうちに徐々に距離を縮めていった

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

高校に通う息子が「スクールセクハラ」の被害を受けている──。母親が、学校側に相談をし、事態は発覚した。

滋賀・守山市にある私立立命館守山高等学校の元国語教師・中川剛容疑者(29)が9月20日、県の青少年健全育成条例違反の疑いで、同県警大津署に逮捕された。

同容疑者は、今年3月28日から4月2日までの間、2度にわたり草津市内にある容疑者宅で、教え子の男子生徒(当時17)に、18歳未満の青少年と知りながらわいせつ行為をした疑い。

男性教師が女生徒にわいせつ行為を迫る。女性教師が男子生徒と不適切な関係を結ぶ。かつて「スクールセクハラ」といえば、そのような問題で占められていたが、最近増えているのが、男性教師による男子生徒に対するわいせつ行為。冒頭の滋賀のケースも、それだ。

事態を知った県私学・大学振興課は、

「学校と被害者への聞き取りを行いましたが、お互いの意見が食い違っていました。現在は警察の捜査を待ち、事実関係をしっかりと把握した対応を考えたい」

逮捕翌日、学校は午前中に全校集会で生徒に説明し、同日夜、保護者説明会を開いた。

次ページ「教師としての資質は問題がない」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 非学歴エリートの熱血キャリア相談
  • あふれる独自性 ニッポンのすごい研究者
  • 本当は怖い住宅購入
  • 新型コロナ、長期戦の混沌
トレンドライブラリーAD
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
改正対応待ったなし!<br>働き方と仕事の法律

同一労働同一賃金の本格化、中小企業でのパワハラ防止対策の義務化など、今年は重要な改正法の施行が目白押し。2022年に施行される法律の要点に加え、昨年の4月に施行された改正民法も総点検。改正ラッシュへの備えを万全にするための法律虎の巻です。

  • 新刊
  • ランキング
東洋経済education×ICT