驚愕!男性教師「スクールセクハラ」の実態

増加する、男子生徒へのわいせつ行為

いちばん傷ついているのは子どもです(写真 :Graphs / PIXTA)

勉強の相談をするうちに徐々に距離を縮めていった

当記事は「週刊女性PRIME」(運営:主婦と生活社)の提供記事です

高校に通う息子が「スクールセクハラ」の被害を受けている──。母親が、学校側に相談をし、事態は発覚した。

滋賀・守山市にある私立立命館守山高等学校の元国語教師・中川剛容疑者(29)が9月20日、県の青少年健全育成条例違反の疑いで、同県警大津署に逮捕された。

同容疑者は、今年3月28日から4月2日までの間、2度にわたり草津市内にある容疑者宅で、教え子の男子生徒(当時17)に、18歳未満の青少年と知りながらわいせつ行為をした疑い。

男性教師が女生徒にわいせつ行為を迫る。女性教師が男子生徒と不適切な関係を結ぶ。かつて「スクールセクハラ」といえば、そのような問題で占められていたが、最近増えているのが、男性教師による男子生徒に対するわいせつ行為。冒頭の滋賀のケースも、それだ。

事態を知った県私学・大学振興課は、

「学校と被害者への聞き取りを行いましたが、お互いの意見が食い違っていました。現在は警察の捜査を待ち、事実関係をしっかりと把握した対応を考えたい」

逮捕翌日、学校は午前中に全校集会で生徒に説明し、同日夜、保護者説明会を開いた。

次ページ「教師としての資質は問題がない」
ライフの人気記事
トピックボードAD
関連記事
  • 若者のための経済学
  • 最新の週刊東洋経済
  • 晩婚さんいらっしゃい!
  • 仲人はミタ-婚活現場からのリアルボイス-
トレンドライブラリーAD
  • コメント
  • facebook
-

コメント投稿に関する規則(ガイドライン)を遵守し、内容に責任をもってご投稿ください。

ログインしてコメントを書く(400文字以内)
アクセスランキング
  • 1時間
  • 24時間
  • 週間
  • 月間
  • シェア
トレンドウォッチAD
かんぽ まさかの10月営業再開<br>日本郵政グループの不適切判断

日本郵便本社が発した「10月からかんぽ営業を段階的に再開」との緊急指示に、現場は大混乱。乗り換え勧奨禁止などの再発防止策、7月末に実施を発表した全件調査、特定事案調査にも大きな問題を残したままだ。拙速な営業再開の裏には何が。